「人の親になるかもしれん」と思った僕が自分を棚卸しする話 2 「オレ零番隊長」

1 / 2 ページ

いわゆる「優等生」


僕を形容するに、けっこうハマる言葉だ。優等生。

僕は学業成績はそこそこ良かった。

問題を起こすヤツじゃなかった。

学級委員を何度かやった。

生徒会長じゃないけど、生徒会の一役をやった。

中学・高校では部活のキャプテンだった(中学:軟式テニス部、高校:硬式テニス部)。

浪人はしていない。

今は違うけど、上場企業に就職した。

システムエンジニアとして手に職を得た。

結婚もできた。


だーいたいこんな感じ。順調の一言。


突然ですが、ここで一つカミングアウト

先日、ぶっ倒れた(笑)

よく聞く話だけど、ホント急にきた。いやホント。朝起き上がれなかった。
実はそうなる2・3ヶ月前から、食事をとっても戻してしまったり、
寝付きはするけど、一晩で4回も5回も目が覚めたりしていた。

面白半分で「エンジニア うつ」とかでググったこともある。
セルフチェックシートとかやって「うはw全部当てはまるしwww」とかやっていた。
※SEの方々がセルフチェックすると、ほぼ確実にうつ危険ゾーンになると思う

でもアウトになるとは思いもよらなかった。


その日、朝からヨメに病院に連れて行ってもらい生まれて初めて胃カメラを飲んだ。
内臓には問題なかった。

「となると精神的なモンが原因と思うったいね」
「うつ状態というか、うつ病に片足突っ込んどるかもしれん」
と先生。

午後から心療内科に行った。「うつ状態」と言われた。
幸いながら、軽度とのこと。2週間のお休みをもらって、今に至る。


この騒ぎで一つ驚いたことがある。
僕は自分を怠け者だと思っていた。

人より要領はよかった。
そんなに努力せんでも割と早い段階で70点くらいの成果が出せるようになる。
それに満足して、だいたいできてりゃいいやーっていうヤツだと思っていた。


でも思いがけず完璧主義だった。
必要以上に(?)部下・後輩の面倒を見て、自分の仕事が溢れまくった。
自分の仕事も自分の中でデキが悪いとやり直した。


んで、すっ倒れた。


どっちが本当の自分?
できる限り記憶をたどって、自分ってどんなヤツだったか思い出したい。


幼稚園のころの遊び


幼稚園のころ、よく戦隊モノのマネをして遊んでいた。
その際、「隊長」という概念があった。

別にどうというものでもなく、早い者勝ちで「オレ○番隊長!」と宣言し
「○番隊長」の数字が小さいものがエラい、というものだ。
※みんな隊長隊長言うから、結局は参加者全員が隊長になる


みんなの読んで良かった!