人生を楽しむ~自分を縛り付ける鎖から解放される~

1 / 3 ページ

はじめに

「今の生活を楽しんでいますか?」

このように聞くと色々な返答が返ってくる。まず間違いなく言えることは、楽しい生活の仕方も生き方も人それぞれであるということである。周りの常識に合わせることで自分自身を追い込む必要はない。世の中では色々な不安に苛まれ、心を病んでしまうことも多い。うつ病などの精神疾患患者は年々増えており、厚生労働省が出しているデータでは平成23年には320万人、全体の2.6%にあたる。38人に1人の割合である。心を壊すまでやらなければならないということはなんなのだろうか?


それは、世間の目というなの鎖なのではないかと、今では思う。


学校教育では、失敗をすることをあまり良いこととしない。点数が良いものが褒められ、点数が低ければ、なぜ出来ないのかと言われる。社会に出ても、実績を出すものは評価され、出来なければ怒られたり、追い込まれたりする。周りの常識は点数が良いほうが良いとされ、実績を出すほうが賢い。また、仕事を頑張っている方が良い、多く出来ている方が良い。「できない奴はダメなやつだ」と言われる。

そんなことはない。

人にはそれぞれ得手不得手がある。好き嫌いもある。だからこそ、社会に出て、一つの会社で頑張ることが正しいんだ!という考え方は、一つの会社で続かないやつはダメなやつというような風潮を助長している。

私自身、実際にうつ病と診断されたことはないが、身近な方でうつ病になった人を何人か見てきた。過去を振り返ってみると、新卒時に入社した会社での自分の状況はそれに近かったように思う。まずは、私の過去から話をしたい。


希望に満ちあふれていた初就職

私は高校の時に大学の学部をIT系か建築系にするかすごく迷った。中学時代からやっていたパソコンにはすごく興味があったのだが、SE(システムエンジニア)は35歳までという当時のイメージがあったことと、建物を見ることはやはり好きであるということで大学の建築学科に行くことにした。

そして卒業し、建築業界へ就職をした。大学3回生の時にインターンシップ(学生が企業へ仕事体験ができること)へ2週間行き、改めて内側から建物が建っていく様を見ることは楽しい!と思ったことを覚えている。その後インターンで行った会社は、就職活動をする中で、最終的に面接を受けようと決意した5つの会社のうち、第1志望の会社になった。

必死にアプローチを続け、4次面接の末、なんとかその会社に就職することができた。


晴れて社会人となった4月、ワクワク感を胸に入社式を迎えた。

そこから2週間は、同期とともに研修を受け、同じ宿舎で過ごした。


そこからはそれぞれ現場に配置され、散り散りになり、私はある現場を任されることとなる。



ある上司の一言で生活が一変

私が任された現場は、自宅から電車で1時間半、バスで30分かかるところだった。そこへ毎日出勤するためには、始発で職場へ向かっても始業時間15分前に着くぐらいの距離だ。そして、バスの本数もあまりなく、21時が最終のバスになる。

4月半ばから末まで通い続けた。片道2時間強。初めは、現場で待機できる場所もなく、事務所になる仮設住宅ができるまでは車が事務所がわりになる仕事だった。事務所ができてからは、室内清掃をするようになり、新人である私がするのが日課となる。もちろん、始業時間ギリギリにつくわけだからかなりバタバタした記憶がある。


そして、4月下旬のある日、上司の一言で生活が一変することとなる。


ある日、上司A(現場責任者)とともに帰っていたときのこと、

「先輩たちが残っているのに、君は帰っていいと思うのか?」

正確な発言内容ではないが、私が受けた印象としては上記のようなセリフだった。


新卒として入社した私にとっては、サラリーマンだからイエスと言わなければならないと思っていたため、拒否権はなかった。意味するところは、当時先輩が数名いたが、彼らは寮生活をし、生活をしていた。そして、朝早くから仕事をしていたのだ。


私の返答としては、

「寮生活をします・・・」

そう言わざるを得なかった。



みんなの読んで良かった!