なんで僕は生きているんだろう(11~12歳)

前話: 本当に子供は親を選んで生まれると思いますか?(9~10歳)
次話: 誰か僕を楽にしてください(12~13歳)

福島から茨城へ引っ越しをしました。
福島でできた友達とも1年もしない内にお別れ。

引っ越しがこんなにも多いことに疑問を持っていました。

 

人とのコミュニケーションが取れるようになってきた僕は、

転校先の茨城でも比較的すぐに友達はできました。

家の環境は相変わらずでしたし、他の家庭は羨ましい。

でも…でも僕は親に愛されたかったし、

それをこの頃はまだ諦めてはいなかったと思います。

とにかく…僕の存在を認めて欲しかった…。

 

そこでこの頃に僕は考えました。
 

”どうすれば親に愛されるのか?好きになってもらえるのか?”

 

考えた末に思いついたのは、

テストで100点を取ること。

 

僕は勉強を頑張りました。
その頑張りが実ったのか100点を取ることができました。

”これで…これで僕に優しくしてもらえるかな…”

期待を寄せて家に帰りました。

 

『ただいま!僕ね、テストで100点取ったよ!』

無言の継母に対してそう言った僕は、
テストをテーブルの上に置いて遊びに行きました。

”明日になればテストのことをなにか言ってくれるかな?”

そう思っていたのですが、次の日になっても、

その更に次の日になってもテストのことは何も言われませんでした。

 

数日後、ゴミ袋に僕のテストが捨ててありました。

僕はテストを黙って破り捨てました。

 

”やっぱり無理だ…この家…”

あなたの人生の物語が書籍やドラマに!

カタリエ 開催中

続きのストーリーはこちら!

誰か僕を楽にしてください(12~13歳)

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。