誰か僕を楽にしてください(12~13歳)

前話: なんで僕は生きているんだろう(11~12歳)
次話: 壊された友情(13~14歳)

茨城から栃木へ引っ越しをしました。
小学生の間で引っ越しは5回目となっていました。

 

色々な事を諦めてしまったこの頃の僕は、

”なぜこんな家に生まれてしまったのか”

”なぜ僕は生きているのか”

それらを考える日が増えてきました。

ある日、父に殴られて瞼の下が切れて出血をしました。
ポタポタと床に落ちる自分の血を見てゾッとしました。
怖くなって家を飛び出した僕は、涙が止まりませんでした。
そこで僕は思いました。

『もう我慢できない…隆のところに行きたい…』 と。

しかし歩道橋から何度も飛び降りようと試みたり、

手首を切ろうとしてもあと一歩が踏み出せず、結局全て失敗。

 

誰か…僕を殺してくれないだろうか。

誰か…僕を楽にしてくれないだろうか。

 

死にたくても死ぬことができないことに絶望していました。

続きのストーリーはこちら!

壊された友情(13~14歳)

著者の橋本 隆生さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。