『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

1 / 6 ページ

友達とお好み焼きパーティー

友達の家に四家族で集まり、お好み焼きパーティーを行った。

そこでは皆でいろいろな話をして盛り上がった。


夕方の6時頃から開始し、11時前頃に二家族が帰宅。

自分もそれに合わせて帰ろうとしたら、


「室田さんは、せっかく来たのだから私達の悩みを聞いて行って^^」


とのご依頼があり、そのまま居残ることに。



自然塾についての熱い議論!

奥さん(Nちゃん)は赤ん坊を寝かせに寝室に消えていき、自分は旦那さん(Sさん)と二人で森の自然塾構想などについて語った。


=======以下、本筋とは関係ない話=======

自然塾の『自然』は木や草などの自然もそうだが、それよりも『自然な心を持とう!』との意味が込められている。

森のような場所を開拓し、畑にして食料が得られることを経験し、切り開いた所に小屋を建て、その気になれば食と住は入手でき、『生きてはいけるんだ!』という安心感を得ることが第一目標。

そして安心感を得た後は、学習や実践を通して自由な発想、自然な発想を身につけるのが第二目標。

生きるのに必要な知識が見つかれば、それに対する授業が与えられる。

畑では算数の授業も行われる。

畑の一区画(面積A)で種まきをしながら、この面積(A)には何粒のたねが必要だと思う?

それでは、全区画(面積10A)に蒔くのであれば何粒必要かな?<掛け算>

さて、種の袋、一袋には何粒入っている?

全区画分に必要な種を用意するのには、何袋買う必要があるかな?<割り算>

その料金は幾らかかるかわかるかな?<掛け算>

「失敗なんて無いんだよ。思ったことはバンバン口に出せばいいんだよ。やりたいと思うことをやればいいんだよ!」

ヤス 「さぁ!今日は種を蒔いてみようか!皆、どうやってまこうか?」

子供A 「筋を付けて、土をかぶせて水をかける!保育園でやったよ!」

ヤス 「なるほどね、じゃあB君はどうしたい?

子供B 「うーん、指で穴を開けて底に少しずつ種をまく。」

ヤス 「この雑草はどう生えたのかな?誰か溝を切ったり水をやったりしたのかな?」

子供たち 「誰も何もしていない~」

ヤス 「うん、じゃあもう一度聞くよ?どうやって種をまくかな?」

勉強の意味、意義を最初にわかってもらう、、、

その勉強が自分の生活に役立つことがわかれば、モチベーションはグンと上がる。

「勉強なんて言うのは、興味本位の実験であり、遊びなんだ!」

こんな事を子どもや大人、皆に伝えて行けるような場を提供できれば面白いと思う。

山梨だけでなく、大阪や九州などの他地域とも積極的に交流し、学びも深めるようなものになれると面白いだろうな。

「いいね~、室ちゃん、是非やったほうがいいよ!色々と一緒にやっていこう。大阪のW君なんかも絡めて。サドベリースクールなどとも組んだら面白いんじゃないかね~」


=======ここまで=======


みんなの読んで良かった!