趣味で食べていかれるのか?

1 / 2 ページ

後編: 趣味で生きていかれるのか・第2回・サラリーマン編

僕は来年50歳になるが、就職したことがない。

もともと、家業があるわけでもないし、資産家でもない。

アルバイトもほとんどやったことがない。

でも、結婚しているし、子どもは2人、大学生と高校生。

マイカーを持っているし、小さなマンションの部屋も持っている。


就職もせず、じゃあ、何をしていたのか?

1:20代前半は、塾講師をやって、ちょっとお金を貯めた。

と言っても、カメラ一式を買う程度。

2:そこで、プロカメラマンの手伝いをしたり、写真館でバイトしたり。

3:童話の公募にも出した。これが佳作に。

4:そこで一気に出版界へ(ただ、友人を頼って行ってみただけ)


そう、4の友人のツテで小学館の女性セブンに出入りするようになったんですね。

(え? 友達にそんな優秀な人が居ない? ネットの時代です、探せば居ます!

いずれにせよ、文章もカメラも素人からのスタート。

現場でいろいろ怒られ、収入がほとんど無い状態もあり。


それでも、

「その人の良さそうな笑顔がね」

と言われて、学生バイトのような小さな仕事もやって。

人脈だけがどんどん増えて(=これもポイント)


【趣味でギャラをもらいはじめたぞ!】

当時、まだまだパソコン通信な時代でもあって、パスカル短編文学新人賞ってのがあって、その第2回に応募、これも最終選考にまで残って、筒井康隆先生にいろいろアドバイスもらったり。


そこでソフトバンクの編集者と知り合って、パソコン雑誌を書き始めた(=わらしべ長者1)

趣味で本格的なプロになったのは、ここからです。

パソコンが元々の趣味だったので、「趣味を趣味として書く」と人気が出てきて、一時期は連載が1月に14本もあって。


そこでSo-netが立ち上がって、So-netの記事を14連載全部に書いたら、So-netに褒められて、

「うちで童話のコンテンツやりませんか?」

と誘ってもらえて、WEBアニメーションを40本も作って(わらしべ長者2)

でも、これもど素人。

例えば、岸田今日子さんのナレーションを録るというので、初めてスタジオなるものへ行ってみたら、

「ディレクターさん、こちらへ?」

「????」

仕方ないから、ディレクター椅子に座ったけど、何もできず。

岸田さんに説教されて、あ、そういうことか、と分かって、翌日は柳生博さん、これはうまくディレクターできた。


【趣味が仕事になるポイントはここ】

さてはて、何が言いたいのか?

女性セブンは写真が趣味で、それを活かして仕事にしたかっただけ。

みんなの読んで良かった!