人と人とのつながりを感じながら、人と人とがつながれる空間を創る。物々交換で家を目指す!現代版わらしべ長者!みんなで創るストーリー

1 / 7 ページ

わらしべ長者とは...


現在大学4年生の高塚大揮と申します。

これはわらしべ長者で家を目指すストーリーです。

わらしべ長者とは、貧しい農民が一握りの”わら”を手にしたことから始まる日本昔話。相手のためにとモノを差し出すことで、お礼にモノをもらっていき、物々交換によって貧しい農民が最初に握った”わら”から一国の長の後継者となる物語りです。


この話を元に、私が「家」を目指しながら物々交換を行っていく様子を記すストーリーです。


私はゴールとしている「家」には未だたどり着いていないので、このストーリーは完結されているものではありません。

むしろ、このストーリーを読んでいただいている人たちの協力を得ながら、

ストーリーを紡いでいきたいと思っています。

このストーリーを読んでるあなたがこのストーリーを創っていくことができますし、

私自身、みなさんといっしょにストーリーを創っていきたいです!!


もし、これからお話しする「わらしべ長者で家を目指す!」想いに共感していただけたらなら、

ぜびわたしと物々交換をしてストーリーを紡ぐ一員となってください!^^







わらしべ長者で家を目指す理由

それは、人と人とがつながれる場を創りたいからです。

人と人との繋がりで巡ってきた家に、色んな人をただ泊めしてさらなる繋がりができる場にしていきたい。

そして、人と人の出逢いで自他共に新たな価値観、可能性を拓いていく!


わたしは、

今は、人の出逢いにとてもわくわくした人間ですが、高校生までは極度の人見知りでした。

そんな過去の自分の話からなぜ今このように思っているのかをお話します。



運動神経の良さが唯一の存在証明

小学生の時までは、何も面白いことを言えなくとも集団の輪の中心にいるタイプの人間でした。

なぜなら、運動神経が良かったからです。

保育園の時から、マラソン大会なるものがあったのですが、毎年上位2,3位に入る成績でした。

ぼくは、2月生まれで早生まれで、1位の子が4月生まれの子だったので、発育の関係上1位になることが難しかったのですが、小さい頃から運動神経はよかったです。

それは、小学生になっても健在であり、

スポーツテストの成績は、毎年Aランク

50m走を計れば、学年の誰よりも早く、

マラソン大会でも毎年ベスト3の常連でした。

何も面白いことをしなくとも、運動で目立つ存在だったので、多くの友達から慕われる存在でありました。

みんなの読んで良かった!