児童養護施設(15歳)

前編: 壊された友情(14歳)
児童養護施設は、大まかではありますが一日のスケジュールが決まっています。
印象的だったのは音楽を聴ける日が土日だけだったということ。
もちろん聴ける時間帯も決まっています。
色々と制約はありましたが、家に比べれば何倍もマシでした。
距離を置くと家がいかに酷かったというのが分かります。
同時に父と継母への怒りと憎しみがどんどん増していきます。
思い出すと怒りで吐き気と寒気がするくらい。

施設では”勉強の時間”というのがあるのですが、
とはいっても勉強を教えてくれる人がいる訳ではないので、基本は各自で勉強をします。
学校の授業についていける子は少ないので、勉強嫌いな子がほとんど。
だから勉強の時間はぼ~っとする時間といった感じでした。それは僕も同じ。
僕は児童相談所の一時保護所経由で施設に入ったのですが、
その間の約1ヵ月位は学校に行っていません。
正確には一時保護所に入る前からすでに学校には行っていなかったため
勉強についていける訳がないのです。

僕がいた施設に入っていた子たちはみんな、
そもそも勉強の必要性を感じていないのかもしれません。
なぜなら中卒で就職という選択をする子たちが少なくないからです。
ほとんどの子たちは早く施設を出て、自分で金を稼ぐことに憧れを持っていました。

そんな施設の中での僕はというと、実は孤立していました。 
『不満があれば暴力で押さえつける』
小学生低学年の時のあの性格に逆戻りしてしまったからです。
この頃は、あの時以上に攻撃的な性格でした。
学校ではすぐに友達ができたのですが、
学校の時の自分と、施設にいる時の自分は性格が違かったような気がします。

施設の職員に対して心を開くことはなく会話はほとんどありませんでした。
それは学校の先生に対しても同じ。
とにかく大人が嫌いだったのです。
最初は熱心に話しかけてくれた職員も
やがて僕に関わろうとしなくなりました。

ちなみに僕が入っていた児童養護施設。
職員の暴力行為は日常的にありました。

”お仕置き”という名の暴力行為は、だいたい風呂場で行われていました。
施設の風呂場なので、適度な広さの密室なのです。

無抵抗な子供を殴る職員。
愛はあったのかなぁ…あの行為に。

大人がとにかく嫌いなこの頃でした。

みんなの読んで良かった!