進路(15~16歳)

前話: 児童養護施設(14~15歳)
次話: 高校時代(16~17歳)
中学三年生になった僕は、”進路どうする?”の問題にぶつかりました。
 
施設か家から高校に通う…
住み込みで働ける仕事を探す…
選択肢は、その2つ。
 
早く自分で金を稼ぎたいと思っていた僕は最初は就職する気でした。
 
でも、僕と同じような考えで施設を出ていった先輩達は
ほぼ皆1年も続かないで仕事を辞めていると聞いていました。
中には行方不明になっている先輩もいる、と。
”とりあえず高校は出たほうがいい” 
周りの友達はみんなそう言いますが、授業についていけてない僕は
すっかり勉強嫌いになっていたので
”今さら何を勉強するの?”って思っていたし、自信もありませんでした。
相談できる大人がいない僕は悩みました。
 
そんな中ある日、学校の掲示板に貼られていたチラシが目に入りました。
僕の悩みを解決するワードが散りばめられていたからです。
全寮制…高卒資格取得可能…働きながらでも勉強可能…
とにかく施設を出たかった僕は、
詳細をほとんど確認することなくすぐに申し込みをしました。
 
”やりたいことはその内見つかる。
親を殺して初めてオレの人生はスタートするんだ”
そう言い聞かせて試験に臨み、そして無事に入学が決まりました。
 
こうして僕は中学を卒業して神奈川県の全寮制の学校に働きながら通うことになりました。

続きのストーリーはこちら!

高校時代(16~17歳)

著者の橋本 隆生さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。