潰瘍性大腸炎という難病になった人の話(中学生編)

1 / 2 ページ

●腹痛と下血と正露丸

 私が潰瘍性大腸炎と診断された時は中学校1年生の夏だった。今でも鮮明に覚えているのは、体調を壊した日の前日は毎年恒例のキャンプをしていたからだろう。毎夏、家族で北海道の洞爺湖へキャンプに行くのが家族の年間行事に含まれていた。テントを張り、炭をおこし、湖でエビ取りをして、そのエビをゆでて、塩胡椒を豪快にかけて鉄板で焼いて食べる。これがまた上手い。話を元に戻そう。そんな楽しいキャンプの翌日・・・・下痢をした。


 その時は昨日食べたエビに当たったぐらいしか考えてなかったので、とりあえず腹痛には正露丸というぐらいだったのでそれを2錠飲んで、その日は安静にしていた。2週間後・・・・腹痛と下血がする。「おかしい」。エビの殻が消化されず腸に刺さり血が出ているのかと思った。(今考えればそんなはずないのに)。腹があまりに痛く、食事をすると便意を催して何度も席を立ち、じいちゃんに「食事中にトイレに行くなんてはしたないことするな」と怒られた。なんなんだと思いつつ、とりあえずお腹が痛い時は正露丸なのでそれを今度は4錠飲んで安静にしていた。


 その3日後、めまいとふらつきがひどくソファーから立てなくなった。食欲も無い。食べたらすぐトイレに行くからである。正露丸はめまいとふらつきにも効くとは聞いた事がなかったので飲むのをやめた。そもそも正露丸が効かないのは最初からわかっていた気がする。ここでの教訓は正露丸を飲んでも治らない腹痛はすぐ病院にいくということだ。

 その後、父が心配して病院に車を走らせた。父さん、遅いよとか内心思ったが、とりあえずこれで治ると思っていた。そしたまた、大好きな焼き肉やラーメンが食べ放題だと。


 その当時、父はいつも私と妹に言っていたことがある。「人生はお前が考えてる通りにはならない」と。その通りである。



内視鏡検査の後・・・・・緊急入院


 医師の初見は後に私が約十年間つきあう事になる「潰瘍性大腸炎」であった。名前だけでださい病気だと思い、それでもこれといって病気にかかったことのなかった私は、どこかわくわくしていた。


 まぁ、治るしなぁ、入院もどんなもんか楽しみだなぁと楽観的にとらえていた。医者はその時、この病気は難病です。と言ったことも・・・・・


難病?治すのが難しいのかな?

それなら学校どのくらい休めるかなぁ


 なんて考えていたが甘かった。難病というのは一生「治らない病気」という意味であった。

 

●入院初日の夜

 入院の初日からステロイド「プレドニン」の大量投薬が点滴で始まった。その副作用なのか入院初日はまったく寝付けつことができず目が冴えてしまった。いや、単に副作用だけの問題ではなかった。


となりのベットにいる患者のいびきである。本当にうるさい。


 当時、大部屋と呼ばれた部屋は15畳ぐらいの広さがあった。そこに患者4人が入れられるので、すし詰め缶詰状態である。

 父のいびきもうるさかった。うるさいのに自覚がなく「いびきかいていたか?嘘つけー」などと剽軽なことをいうのだから始末が悪い。妹は怒って、父がいびきをかこうものなら洗濯バサミで鼻をつまんだ。・・・・・話が脱線した。


 とにかく、父のいびきの比ではなかったように感じた。きっと一人中学生が全く知らない大人に混じり病院で寝ていたからだろう、だから余計に神経が敏感になっていたのだ。ナースコールは押さず、深夜ナースステーションまで行き「いびきがうるさくて寝れないよ」と伝えたら看護師が空いている部屋を探し病室を変えてもらえた。そこでようやく寝る事ができた。やはり、いびきのせいだったのである。

 その時、私は初めて点滴棒なるものと生活をともにしていた。すごく邪魔である。寝る時もトイレもこいつといなければならず、寝返りをしようものなら点滴の管が体に巻き付いた。

 これは入院した人なら誰もが経験したことのある、言わば入院あるあるであろう。

●潰瘍性大腸炎

 ここで、潰瘍性大腸炎について説明しておこうと思う。

 潰瘍性大腸炎とは大腸に炎症が起こり、腸の粘膜が破壊され出血する病気である。症状は私の場合、最初に

下痢→正露丸→腹痛→正露丸→下血→腹痛悪化→貧血→搬送→検査→入院 

である。医者ではないのでかなりざっくり書いた。

 

 患者数は日本で14万人はいると言われている。そのため、そんなに特別な病気というわけでもないようだ。誰でもかかるので注意してもらいたい。間違っても腹痛が良くならないからといって正露丸の大量投与は避けるべきである。

 原因についてはわかっていないが、食の欧米化や過度のストレスでこうなると当時言われていたが、私が発病した時、私の食生活は食が欧米化なんかになっていなかったし、ストレスも感じた事など無かった。

 パン派ではなく白米派だったのだ。

みんなの読んで良かった!