一年前に語った自分の人生 自伝序章

1 / 4 ページ

あるところに投稿したものになります。また、この文章は2013/11/26に書いたものになります。

 そこからも、いろいろな物語ができています。自伝への第一歩というところで。そこに投稿した文章を載せます。


ぶっちゃけるのがいいといわれたので、ぶっちゃけることはそれそれ自体は賭けであるものの、少し書いていこうと思います


わりと悪い人生なんで、読むなら覚悟して呼んでください(笑)


 まず、3歳の検診で発達障害の疑いがあるということで毎週検査を受けていました。

 5歳の検診でもまた同じ疑いで、検査や、よくなるための、コミュニケーションをするであるとか、自然に触れるであるとかいろんなことをしていき、なんとか普通学級にはいることができました。


 小学校の時点で宙に浮いてしまい、いじめにあいます。からかうようなものでしたが、助けてくれる友人もいました。

 完全に変人という扱いを小学生の時では受け続けていました。


中学校時代


 公立学校です。勉強はできたのですが、宿題をやりませんでした。新興住宅地だったので、半分以上の人が塾に通い、今と違い相対評価なので4と5はとったことはありあません。自分も塾に通い、勉強していました。国語の模試で偏差値60を取ることができたのですが、学校に戻ると、ただの落ちこぼれで国語の成績はずっと2でした。社会は得意だったのですが、100問あるひねくれた問題を70点ほどとって発言回数上位でも3しかとれず、受験前にして受験戦争に敗北しました。挫折感はつよかったです。


 母は厳しい、いえ、厳しいのではなく双極性障害といういわゆる躁うつ病という病気で、毎日なんで良い点数が取れないのかと何時間も怒鳴られ続けました。テストで良い点数を取ることをあきらめ、ずっとゲームをしているようになりました。


 はまっていたゲームは、三国志、マリオ、ポケモン、星のカービー、Age of EmpireII、ウルティマIV等々。


 ウルティマの話は長かったので、もうひとつ作って語りますウルティマについては、一つ下の投稿をよんでください。 ※ブログにあります http://tenku65820.hatenablog.com/entry/2014/08/02/001419


高校時代

 高校受験は、内申の問題でほとんど選択肢がなく、公立学校は悪い子が多いからと反対され私立高校へ行くことになりました。


 いろいろなところを見に行ったのですが、自分が行くことになる東京実業へ見学にいきました。全国大会へ出場しているというマーチング・バンドの演奏がありました。カラーガード(いわゆる旗を振ってる人たち。振るといっても、スピンさせたりトスしたりします)がかっこよく(後から聞くと、見学会は適当といってましたが)、やりたいと思いました。親からはものすごい反対をうけましたが、東京実業に合格し、マーチングを始めることになります。


 高校に入るとき、大きな間違いを犯しました。声変わりがおわっていなくて、声が高かったのですが、恥ずかしくて声を出さないようにしたのです。

※そのあたりの経緯の話 http://storys.jp/story/10797 http://storys.jp/story/12670


 すごい演技というのは、ものすごい練習量に後付されているものです。毎日、夜遅くまで練習があり、休みがない月もありました。辛い。辛い日々です。


 怒鳴られたりというのは、日常茶飯事でギスギスした空間だったと思います。当時は手を抜くことを知らず、頑張り続けていたのですが、運動神経にめぐまれず、みせどころを任せてもらえることはほとんどなく、冷や飯をくわされていました。


 どこかで、心が折れたのでしょう。死にたいという気持ちにだんだん支配されるようになります。これは一年生の時なので2002年くらいでしょうか。残念な人生で死にたいという気分から逃れられるのは2013年4月までまたなければならなかったのです。今から考えるとよく自殺しなかったというところはありますね。自殺する人の気持ちは、今でもわかります。だから、「死ぬな」といわずに「生きて」と言いたいです。


脱線しましたが、話を戻します。


 なんとか、少し人数オーバーだったのですが、こぼれないで、大会のメンバーに入ることが出来ました。関東大会を通過して、全国大会。


 会場は日本武道館。しかも、来年から高校の部はさいたまスーパーアリーナになるので高校の部最後の日本武道館。小編成金賞。小編成のなかの順位としては2位。どちらかというと、自分は足をひっぱっていたほうかもしれないけれど、この時の感動が、主に音楽活動のステージに立つ原動力になっていますね。


みんなの読んで良かった!