『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.8

1 / 4 ページ

前編: 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.7 ~思考実験~
後編: 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.9 (こんな事を続けていていいのか、、)

思考実験において10台のジャガーを見せてもらいながらも、やはり自分は確信が持てなかった、、、

本当に自分の『思考が現実化した』のかどうかということに、、、

その後も瞑想や思想活動を続けながら色々と自分なりに答えを探していた。

その際に行った他の思考実験もあるので、それを紹介したいと思う。


ちなみに、ここで紹介するような思考実験は頻繁にバンバンやったのではない。

ここは非常に面白いところなのだが、『やりたい!』という明確な感情が湧いた時だけにやっていた

バンバンやれば良いだろう?と普通は思うだろうが、実は事はそう簡単ではないことにこの時には気づいていたのだ。


『コントロールするのではなく、ただ感じることを思い描くだけ』

こういう姿勢の時に思考実験がうまくいくという事に何となく気づいていたのだ、、、

逆に言えば、闇雲な思考実験は上手くいかないことを経験として学んでいたのだ。


ここの感覚がわからない為に『引寄せの法則』などが上手くいかないと悩んでいる人は多いだろうな、、


妻の腹痛が治った!

妻がひどい腹痛を訴えたことがあった。殆ど体調をくずすことのない妻の苦しむ姿は珍しいものだった。

「あぁ、苦しそうだなぁ。何とかしてあげたい、、」という気持ちが湧き上がったのはもちろんだが、面白いことに、もっとずっと強く湧き上がって来た気持ちがあったのだ^^


「苦しんでいるように見える、、苦しんでいるように見えているだけなのか?妻が苦しむような環境を思い描いている自分の思考が現実化しているのだとしたら、自分がその思考を変えたら妻の体調は治るのではないか?」

苦しむ妻をよそに、自分の中ではワクワクする感情が湧き上がっていたのだ!

自分は二階に上がり、瞑想を始めた。

瞑想をしながら、気功で妻を治癒しだしたのだ。

妻のお腹に何やら黒いもやもやしたものが膨らんでいた。

そこに気を当てながら、プシューッとそのもやもやが外に抜け出ていくようなイメージを思い描いていた。


そして、勝手に一人でスッキリとした気分になったのだ。


「お~、これでいいだろう、、、」

そして希望に胸を膨らませて下に降りていった。

 

すると妻は普通に家事をしていた^^


すっとぼけてお腹の具合はもういいのかと尋ねると、ななんと、「あぁ、もう治った♪」と、すんなり言うではないか!!


興奮しながら、自分がしていたことを説明した。


「いゃ~、またまたマニアックな話なんだけどさ。実は今、二階で千景の腹痛を気功で治していたんだ。お腹の中に黒いもやもやしたものがあって、それをプシューッと抜いたんだよ(^_^)v」

みんなの読んで良かった!