大人に想像力さえあったら、救われた子供は居たんじゃないか?と思う。


自分が子供を持つようになって、

やたらとTVで目につくようになったのが、子供の虐待のニュースです。

特に、ご飯を与えないとか、育児放棄、度が過ぎた折檻など、

子供が死に至るケース。




けしからん!




人として欠落している!





子供を産む資格が無い!





なんて、世間は大騒ぎします。

そんなニュースを見ると悲しくなるし、ひとりの親としてやはり考えさせられます。

しかし、不思議と怒りは湧いてこないんですよね。


ぼくは自分の子供が出来るまで、いわゆる子供嫌いでした。


甥っ子でさえかわいいと思わなかったし、まして他人の子供など関わるのも嫌でした。

ちょっと話にノってやるだけで、ウザいくらい絡んでくるし(笑)

自他共に認める、生粋の子供嫌いでした。


自分の生活スタイルを最優先に生きてたぼくは、

結婚すら「他人と同居して暮らす」なんて狂気の沙汰だと思ってましたので、

ましてや子供をやです。


しかし、


ひとりより二人の方が楽しいを知って結婚し、

二人より家族の方が楽しいを知って、子供が産まれました。


これは自慢ですが、

ぼくは今まで人生の選択を間違えたと思ったことが無いと、

本気で思っている楽天家です(笑)


予想通り子供が加わり、ますます楽しい人生になりました。



子育ても虐待も紙一重

とは言え、

子供を育てるというのは、

それまでの人生経験なんて全く役に立たないくらい大変で、

不測の事態の連続です。


嫁が居なかったたら、

間違いなく間違いを犯してたかも知れません(笑)


子供への虐待はあってはならない。

これは、1ミリも疑う余地の無い事です。

しかし、本当に心から子供にイラッとする事は多々あります。


思わず手が出る事もあります。


その度に、虐待の事件を思い出します。


紙一重だったんじゃないか?

食事を与えられず、子供の遺体の胃から紙オムツが出てきたり、


ゴルフクラブで殴られて次の日死んでたり、


果たして、そんな事をちゃんと想像してその親達は行動したのか?


正直、自分に置き換えた時、


ゾッとします。



ぼく
今、ぼくはちゃんと想像してこの子を叱ってるだろうか?





想像力


子供を育てるのに必要なのは、想像力だと思ってます。


普段街を歩いてると虐待で子供を死なせた親たちより、

怒りがこみ上げてくる事があります。


それは、完全に想像力が欠如した子供連れの親


スマホを片手に子供の手を引き、平気で赤信号を渡る母親。


運転中のワゴン車の中で、子供を平気で走り回らせてる父親。


ショッピングモールで走り回る子供を注意する親は大勢いますし、

レストランで大声出すなと叱る親はたくさん居ます。


しかし、子供の前で平気で赤信号渡る大人や、

絶対事故らないと信じてる大人は、



自分の子供を殺そうとしてる事に気が付かないのか?


やっちゃいけない事を教えても、

大人がやってればそれはやっていい事と子供は認識します。

「赤信号でも渡ってもいい」

まして親がやってれば尚更でしょう。

当たり前ですよね。自分も子供の頃そう思ったんだから。


子供が座りたがらないから。

車の中ではしゃぐのが楽しそうだから。


自分がいくら気を付けてても、周りで走ってる大型トラックは、

寝不足で今にも眠りそうな運転手が乗ってるかも知れない。


追突されて車外に飛び出すのは、

あなたではなく、子供です

交通事故の屍体は、ほぼ分割されます。


自分が今何をしていて、その結果子供がどうなる可能性があるのか。


叱る理由は、子供の為か?

自分への世間の目の為か?


想像力の欠如が、想像もしなかった結果を生むんです。


子供は元気に走り回る生き物で、


子供は明るく大声で笑う生き物で、


子供は大人が守ってやらないと簡単に死んでしまう生き物です。


子供は、自分のモノじゃない。


自分を100%信じてくれている、数少ない1人の人間です。


だから愛おしいし、子供嫌いだったぼくでさえ、

コイツの為なら死ねると本気で思えてしまう生き物なんです。


スピリチュアルには何の興味も無いですが、

子供は親を選んで産まれてくるという話は信じています。


じゃなければ、たかが1人の人間が、

ここまで色んな事を気付かせてくれる存在にはなれないと

確信しているからです。


だから、


「産まれて来てくれてありがとう」


という言葉があるのだと、イチ親バカとして理解しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暇つぶしに最適なサクッと読めるコラムと、

親バカ丸出し記事を毎日発信しております(笑)

フォロー&友達募集中です!

http://www.facebook.com/uno.masato



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。