何で?なんでいつも結果を残せないんだろう・・・42歳で会社を辞めて、やっとわかった「結果」を出す為の方法

1 / 2 ページ

リングで闘うボクサーの重心は、前足6後足4にあるといいます。
基本姿勢が前のめりなんです。


常に相手に向かっていつでも攻撃出来るように。
攻撃された時はいつでも後ろに避けられるように。


闘う姿勢とはそういうもの。


例え、その相手が人生だとしても。


いじめっ子
はやくお座りして ワン って言えよ~
ぼく
え・・ わ、わん・・


小学生の頃、ジャイアンのようないじめっ子がいました。

会うたびに犬の真似させられたり、なんか(忘れた)色々と命令されたり。

一ケタ年齢ながら、陵辱された感をたっぷり味合わされてました。


どうすればジャイアンと会わずに済むんだ?


思いついたのは、

遊びに行く場所を変えて、

見かけたら逃げる。

そのうち、相手が引っ越してくれたおかげで、

ぼくは平穏な日々を取り戻しました。


--------------------------------------------------------------------------------------

高校生の頃、他人よりちょっとだけ背が高く、

中学時代、体育の授業でバスケが得意だったぼくはバスケ部に入りました。

バスケはモテる。

当時から思い込みの激しい性格でした。


が、


え?ゴール下に3秒以上いちゃいけないの?


公式ルールの元では、完全に無力でした。

中学の頃からやってる、ぼくより背の低い部員に全く付いていけません。


レギュラーなんか取れそうに無いな

ぼくはバスケ部を辞め、体育館で頑張ってる部員を見ながら、

無駄な努力を止めた自分は勝ち組だと言いきかせんばかりに、

友達と遊びまくりました。


--------------------------------------------------------------------------------------

大学の頃、バイトが楽しくて授業に出るのが面倒くさくなり、

留年しました。

大学を辞めようか悩んだあげく、

親の反対と「大卒」という2文字が役に立つと信じていたぼくは、

学費を稼ぐ為に三交代のきついバイトに変えました。


つまんねーなー・・・


どうすれば時計の針って早く進むんだよ・・・

バイト先では、毎日それだけを考えて1年過ごしました。


--------------------------------------------------------------------------------------

16年間サラリーマンをやりました。

責任感を持つことを学び、自分のペースで仕事が回せるようになりました。


オレさ、このままここで終わるのは絶対イヤなんだよね
同僚
お!いいねぇ、アツイねぇwww


会社の同僚にカッコつけて話すものの、


(この生活を捨てるのは、この歳じゃ無謀だよなぁやっぱり)


という本音が常にセットです。

半分以上冗談混じりで交わすそれらしい会話は、

会話が盛り上がれば盛り上がるほど虚しさが後から押し寄せる。

ほとんど思春期の自慰行為と同じでした。




気が付いたら42歳でした。
重心は常に後足のまま。



適当に逃げ方ばかり探して、

マトモに闘う人々をシラけた目で見てる自分を、肯定して生きてました。


勝てそうにないものに全力出すなんて、F1相手に、原付全開で挑むようなもんじゃんww


適当に走った方が、転ばないし、怪我しないし。

プライドだって傷付かないし。

何の疑いも無く、これが正統な生き方だと確信していました。

つい最近まで。



世の中で生きていくためには、みんな何かと戦って生きてます。

大人も子供も。男も女も。犬猫も。



学校でのイジメかもしれない。



受験かもしれない。



会社での営業かもしれない。



隣の家のニャン吉との縄張り争いかもしれない。



世間の目、しがらみ、負い目、過去の失敗、貧困、恋愛、そして自分。

平気な顔して、幸せそうな顔して、いつも笑顔で、

それでも人は(犬猫も)常に何かと戦ってます。



あなたの重心はどっちにあるだろう。




学校に行ってまたイジメられたら、もう行くのはよそう。


もし、受験に失敗したら就職するか、いや後1年くらいは浪人でもいいか。


営業先の社長が居なかった。しょうが無い、また今度出直そう。


ニャン吉こえーよ。


いつでも逃げられるような気持ちで闘うと、重心は後ろ足になります。

重心が後ろ足だと、闘い方が逃げる方法しか浮かんで来ません。

ダメだった時の対処法しか浮かんでこないんです。

著者の宇野 成人さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。