15うちの母が『女になった』という話【息子たちに 広升勲(デジタル版)】

前編: 14 親の初夜の次の日の話 ウソ【息子たちに 広升勲(デジタル版)】
後編: 16父が母と結婚するためにおじいちゃんに交渉に行った話【息子たちに 広升勲(デジタル版)】

---------------------------------------------------------------------------------------------

この話は、わたくしの父が1980年に自費出版で、自分と兄の二人に書いた本です。

五反田で起業し、36で書いた本を読んで育った、息子が奇しくも36歳に、

五反田にオフィスを構えるfreeeの本を書かせていただくという、偶然に五反田つながり 笑

そして、息子にもまた子供ができて、色々なものを伝えていければいいなと思っています。 息子 健生

---------------------------------------------------------------------------------------------


女になったの

都おばちゃんは、学芸大にパスして、柏崎からアパートに帰って来た。

母ちゃんは、うれしいことでも悲しいことでも何でもペラペラしゃべってしまわないと気がすまないタイプの女性らしい。

帰って来たばかりの都おばちゃんに、母ちゃんは、

「ネエ、ミヤちゃん、私女になったのよ、女に」といったんだそうだ。

都おばちゃんは、何のことだかわからず、キョトンとした顔をしていたらしい。

母ちゃんはなおもシツコク、


「女よ、女、女になったのよ」

「お姉ちゃんが女に、なーにおんな、女??」

都おばちゃんは、意味がわからなかったのか、意味をわかっても、まさか、と信じなかったのか。ともかくその時、都おばちゃんは、いっこうに驚いたような顔をしなかったそうだ。

母ちゃんは、好きだった、長い間想いつづけた父さんに抱かれたのが、よほどうれしかったのかもしれないね。

ともかく、それからというものは、何かの話のたびに、

「私は、結婚するまでは、絶対に清き関係でなければいけない、許すなんて絶対にいけないことだと思っていたわ。でも、本当に好きな人だったら、そんなことはないわね、私考えが変ったわ」と言うようになったんだよ。

愛しあう者同志が結ぼれる。それは、いつであれ、どのような形であれ、美しく楽しく尊いことなんだね。

母ちゃんと父さんは、このようにごく自然に愛しあい、認めあった中で結ぼれたんだよ。母ちゃんのアパートで、都おばちゃんが、柏崎に帰っているるすの間に。

喜生、でもね、やっぱり、結婚するまで清い交際をしようという理性は必要だよ。

父さん達は、その理性よりも愛情の方が強かった……。ということだからね、念のため。


目次や他のストーリーはこちら



続きのストーリーはこちら!

16父が母と結婚するためにおじいちゃんに交渉に行った話【息子たちに 広升勲(デジタル版)】

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。