インド滞在時に「詐欺被害に気をつけろ」との記述を読み、敢えて実際に試してみたら、素晴らしいドラマが展開された話 ~話せばわかる~

1 / 5 ページ

大学院を卒業する際に卒業旅行としてインドに一ヶ月一人旅をしたことがある。

これはその時のお話。

耳かき詐欺に注意?!

『地球の歩き方』というガイドブックに、ある公園において『耳かき詐欺』の被害が多発しているので気をつけろと記載されていた。

たまたま自分はその公園に来ていたので、その記事に興味をもった。

『耳かき詐欺』?なんだそりゃ?被害多発だけでは、なんのこっちゃわからないな。

どんな詐欺なんだ?

試してみたい!

自分の中で、自分自身で試してみたい!という衝動が沸き起こった。

詐欺被害なんて言うのは、被害者にも確認不足とか落ち度があったりするんじゃないのか?

自分が当事者になった場合にはどうなるんだろう?

なんてことを思いながらゆったりしていると、、、

「日本からの方ですか?」

来た~!

白い服でヒゲの老人?おじさん?が現れた。

そう、この人がまさにその耳かき詐欺の本人なのだ^^

(下の写真はイメージ画像です。本人とは関係なし)


さぁ、どう来る?

最初は無難な話から。

インド旅行はどうですか?楽しいですか?とかそんな感じ。

そしてさり気なく、「私、耳かきが上手いです。凄い評判良いね。」

みたいな展開に。

「あ~、そうですか^^」

くらいに軽く流していると、「お兄さん、耳かきしませんか?高くないよ。」と。

フフフ、来たな、、、

面白くなってきた自分は、少しずつ確認を始めた。


ヤス
へ~、幾らですか?
耳掻き師
20ルピー


(確かこれくらいだったと思う。当時、1ルピー=3円くらいだったと思う)


ヤス
片耳ですか?両耳ですか?

耳掻き師
両耳の代金です。


ふーん、、今のところ普通だなぁ

確認のために更に聞いてみた。

ヤス
ちなみに、『オプションとかは何も無しでいいですから。両耳やって頂いて、絶対に20ルピーのみの支払いというのであれば、やってみます。


耳掻き師
はい。

みんなの読んで良かった!