出来ないあなたがやるから響くんだ!

1 / 3 ページ

これは自分が富士フイルムに入社したての新人研修での一コマ。

入社試験には落ちながらも、自分の想いをぶつけることで逆転合格してしまった私は、楽しい新人研修生活を送っていた。


~関連記事~

『入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話』



同期の仲間と富士急ハイランドへ

人と人との繋がりを重んじる自分は、研修中も同期との時間を大切にしていた。

研修中の休日に、仲の良い同期数人で富士急ハイランドに行くことにした。


そこにはフジヤマというジェットコースターがあり、皆で乗ろう乗ろう!という事に。

このジェットコースターには、乗車途中で写真を撮られるポイントが有り、そこに向かって皆でポーズを取ろう!と盛り上がっていた。

「ディズニーランドのスブラッシュマウンテンの写真は富士フイルムがやっているが、フジヤマはコニカらしいぞ!」

「なんだよ~、ライバルかよ~。」

そんな会話中、一人物凄く沈んだ表情をしている奴がいた。

アビルだ!

聞くと、彼はメチャクチャジェットコースターが苦手らしい、、、


「オイオイ、、皆で仲良くコニカで写真撮ろう言うてんのに、何言ってんねん。」

皆で励ましながら、共に乗ろうと催促したが、彼は勘弁してくれ!との事だった。

勿論、皆で楽しむことが目的で来たので、無理やりアビルを乗せることはせず、残りの皆で乗りに行くことにした。

 

一人取り残されたアビル、、、彼は思うところがあったのだろう。

途中から急に順番待ちの列に加わったのだ!

あんなに嫌がっていたのに、凄いな!アビル!

皆から賞賛の声、、、


順番待ちの階段を段々と上に登る途中、男性陣は上の眺めがよろしかったらしく、ニヤニヤしながら上の方を見ていた。(青春だったな~)


そして、いよいよ自分たちの番が近づいてきた!

自分たちの前に乗っていた人達が降りてきた。

その表情がかなり固い!泣いている人もいた、、、

それを見て、仲間のうちの女子の顔つきが蒼白になっていた、、、

アビルももちろん、表情は固い。

でも、ここまで来たら引き返せない。

さぁ、皆で乗るぞ~


みんなの読んで良かった!