フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (13)ニノイアキノ空港2

前話: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (12)立ちションの夜
次話: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (14)再会

楽しい時間はあっという間に過ぎた...

明日、何時に起きるの?
6時半だよ
起きるの大丈夫?
寝坊した
お前が言うな!
えへへ
ずっと起きてるから
大丈夫
寝ないの?
寝てていいよ

帰りもマニラまで

彼女に送ってもらう予定で

彼女の飛行機のチケットも

日本で手配していた。


シャワーを浴びてバスルームから出ると

すでに彼女は寝息を立てている。

ベッドの真ん中にうつ伏せで大の字になり

掛け布団の下からつま先だけ顔をだしてる。

かわいいけど、色気もへったくれもない...


明日の今頃は自分の部屋に居るのかと思うと、

一気に現実に引き戻される感じだった。


窓の外が白み始めたころ

彼女をたたき起こして

バスルームに放り込み

荷造りをはじめる。

あっ!お土産買ってないや・・・
もう行くの?
そろそろ出るぞ!
え~!まだ何も準備してない
も~、ぎりぎりまで何もしない性格を直しなさい!
まってよ~
は~や~く~~~

なんとかホテルをチェックアウトして

ホテル送迎用の車に乗り込み

ダバオの空港に向かう。

朝が早いこともあって

乗っているのは2人だけだった。

ほんとに
帰っちゃうんだね
うん

お互いの手を握って、そこから先は

車を降りるまで無言だった。


日本と違い、フィリピンの空港は

飛行機のチケットをもっていなければ、

建物の中にすら入れない。

なに?


こんなやつでも、帰りは頼りになる存在だ。

だから、なに?
なんでもないw

ダバオ空港の中の売店で

買いそびれたお土産を探す...


ドリアンキャンディー、

ドリアンチョコレート、

ドリアンタルトにドリアンクッキー

だよねぇェェェ~~~


10時ごろには、ニノイアキノ空港に着き

あとは、日本行きの飛行機の時間を

待つだけだ。

第2ターミナルの横にあるJolliybeeで

朝ごはんを食べて、出発ロビーの外にある

待合い用のベンチの一番端に腰掛けた。


マニラの空は青くて、

時々、心地良い風が流れる。

ダバオ行きの飛行機は
夕方だよね?
マニラの友達に会って
それから帰るね
乗り遅れるなよ!
も~、心配するなよ
じゃ、行くわ

出発ロビーの中から、ガラス越しに

こっちを見る彼女に手を振る。

彼女はくるっと私に背を向けて、

手を振りながら、人ごみの中に消えていった...


自分はバッグから上着を取り出し、

2月の成田を後にした。


6日ぶりの自分の部屋。

6畳間のちゃぶ台の上のパソコンは

確かに世界に繋がっていた。



続きのストーリーはこちら!

フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (14)再会

著者の関根 淳さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。