【Part 8】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~精神病棟へ入院編①~

2 / 2 ページ

次話: 【Part 9】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~精神病棟へ入院編②~

 また、ある時は、「自分は、Qさま!の11番目の席に座るんだ!自分のイニシャルは、11番目だからね!!」


 と、意味不明なこと言っていた。


 食事は点滴で、喉が異常に乾いたので、いつものように、「お水くださ~い!お水くださ~い!!」と叫んでいた。


 一時、点滴がうまく流れないと言う事があり、看護士さん達が焦っていた事があった。自分は悠長に、


 「風流ですね~」


 と言うと、看護士さんが、


 「これ、なんだかわかりますか?」


 と、点滴を指さしながら言った。


 自分は、東側。右手に点滴を打たれているので、四神の青龍を思い出し、


 「風に揺れる流と書いて、『風龍』ですかね~」


 と、言った。


 この時から、徹頭徹尾、頭がおかしかった。






・解除。そして、また束縛・帯同


 一週間後、両手両足の拘束が解除され、食事も普通に食べることが出来た。


 しかし、解除された解放感から、歌を大声で歌ったり、薬を運んでくれる看護士さんに大声で話しかけたりして、徐々に、落ち着きが無くなって行った。


 ある日、赤羽先生と沢山の看護士さんが押し寄せ、ベッドの位置を元に戻し、またカテーテルを挿入された。


 激痛だった。


 でも、自分は思い知らされた。


 病院って、暴れちゃだめなんだな。


 と。


 それに気づくまで、丸々2か月かかってしまったが。






・「笑っていいとも!」の最終回だけ見れた。


 2014年1月28日から、3月31日まで、部屋に拘束されていた。風呂のある、火曜日と金曜日の時間だけ、部屋の外に出ることが出来た。


 赤羽先生に、「笑っていいともの最終回だけ、見たいので、退院させてください。」


 と、のたうち回っていたので、最終回だけ、ホールの昼休みの時間、部屋を出てみることが出来た。


 タモリさんとたけしさんの濃密なトークに、やられた。


 夜のグランドフィナーレを見ようとしたら、看護士さんに止められた。


 でも、その日を境に、いろいろなことが変わっていった。


 まず、自由に部屋の外に出ていいという「ふれ」が出たのだ。


 あとは、突然、前述の「鈴木一由」さんがやってきて、


鈴木さん。
「くわばらくんってさ、退院する気ある?」
くわばら
「あります!!」
鈴木さん。
「じゃあさ、働く気ってある?」
くわばら
「あります!!」
鈴木さん。
「そっか、じゃあ、参考にさせてもらうね~」




 


 


 


 と言って、去って行った。


 自分は、もしかしたら退院できるかもしれないと思い、その日の作業療法室で、ぬりえの裏に、「提案書」と手書きで書いて、「希望時間」、「希望月収」、そして、「通院・投薬を辞めない」、「頑張らないし、怠けない」と書いた。


 その後、赤羽先生にも届き、


 「無理しないで行きましょうね~」


 と、言われた。





続きのストーリーはこちら!

【Part 9】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~精神病棟へ入院編②~

著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。