25歳の楽天的眉太男がワーホリでカナダに渡り、念願のブロンズ彫刻を学ぶ為に彫刻家の弟子となり、現地で師匠と2人展を開催。その後アーティストになった話。

1 / 5 ページ

後編: ギャラリーと決別した眉太男が、ペットボトルで作ったスパイダーを背負って、ニューヨークでストリートショーを開催する話。02


若者諸君!感性が豊かで身軽な若いうちに、冒険の旅に出てみよう。


私がお勧めするのは、ワーキングホリデー(外国に1年滞在でき、就労も可能)などの制度を利用して、一人で外国に行ってみるという事だ。誰一人知り合いのいない見知らぬ土地で、異文化の中で言葉さえもろくに通じず、全くのゼロから始まる生活が刺激的でないはずがない。そこで出会った人々や体を張って経験した様々な出来事は、必ずあなたの血となり肉となり、一生の大きな宝になるだろう。

そういう事が伝えたくて、自分の体験を書いてみた。

 

 ワーホリでカナダに渡る

「もうたくさんだ・・・。」

小雪のちらつく寒空の下、バイクにまたがったまま男は打ちひしがれていた。彫刻家になる為のきっかけにしようと考えていた美大受験が、3浪の末に全滅に終わったのだった。

精神的にボロボロだった彼は、すぐ沖縄に避難して、とりあえず野宿をしながら自転車で、沖縄本島と離島を回った。わずかな所持金はすぐに尽きたが、リゾートホテルで住み込みの仕事を見つける。その後、那覇市に引っ越して夜はバーテンとして働き、昼は瑠璃色の美しい海を眺めながらじっくりと考えた。自分が最も興味のあるブロンズ彫刻を、どのようにしたら学べるのだろうか?ブロンズの本場フランスへ行こうか?いや、その前にカナダで英語と仏語を学ぼうと単純に考えた。カナダではこの2つが正式な共通言語であることだけは知っていた。


上京して、バイトを2つ掛け持ちして週7日働き金を貯めながら、カナダのワーキングホリデービザを取った。目的地はバンクーバー。教わった英語教師の出身地だった事と、英語系と仏語系のコミュニティが有ること、そしてその語感が良かったのが決め手となった。


2001年5月、25歳の楽天的眉太男は期待と興奮に鼻を大きく膨らませて、(本当に鼻だった)ありったけの荷物を詰め込んだバックパックを一つ背負い、バンクーバーに渡った。

♪勇気一つを友にして♪



バンクーバー

ここからは、彼をタケシという名で呼ぼう。

空港から乗り込んだバスの運転手に、どこで降りるのか聞かれたタケシは大声で答えた。

「ダウンタウン!」

(ダウンタウンは超広いのだが・・・。)という運転手の心の声が聞こえる様だ。

みんなの読んで良かった!