400万投資で負けた自分が復活出来のは、結局人生の生き方と同じだったという話

1 / 4 ページ

「投資で資金を◯◯倍にした!!」





景気が今ひとつと言われる中、


テレビや雑誌など、大胆な見出しでメディアで取り上げられることがある「投資」という言葉。




「専業主婦が華麗なる転身」


「サラリーマンが副業で50万円!」







思わず身を乗り出しそうになるキャチコピーが目を引きます。


ですがやっぱり負けている人は実際に多いです。


どうして上がる下がるの2択だけでこれだけ差が出るのか?

と不思議でならなかったのですが、体験してみて初めて分かったという話です。




今でこそ利益は上げられていますが、私は何回か痛い失敗をしています。


というかかなり痛々しい失敗でしたが・・・。





投資を始めるきっかけは、亡き父親の影響でした。


生前、証券会社から送られてくる意味不明な封筒の数々。

ある時、好奇心旺盛な私は、衝動が抑えられず、その手紙の中を盗み見てしまいました。



「お受取り金額 ◯◯◯◯◯円」



なんとなく株取引はわかっていましたが、

それを見た時、「おおっ」と身をのけぞったのを覚えています。



「株って売り買いするだけ数万円も儲かるのか?」
「仕事しないでこれやってれば、いいじゃん!」




世の中の大半はお金に困っています。


●家のローンや家賃の支払い

●かさむ生活費

●経済に合わない年収の増減


人は普段困ったことがあれば、

その悩みを解消しようと解決策を探します。


困ったままの状態では気持ちが落ち着かず、

精神的に息苦しくなってしまうからです。


ただ、大抵の解決策はネットから得られますよね。(・∀・)ソレダ!!


体調が良くない時にググったりヤフーで検索すれば、

何の病気の可能性がわかるし、養生法も教えてくれます。


でも、残念なことに・・・・。


お金の悩みは例外なんです(T_T)


お金の悩みは今でも明確な解決策を得られません。

特に新しくお金を稼ぐ副業ともなれば、

時間もかかるし、かなりのやる気が無いと、

無駄な時間が取られてしまうことがあります(ヽ´ω`)


口で言うほど簡単ではないんですよね。




当時の私は実家から仕事場に通っていましたが、

まだ家族が起きる前に家を出て、家族が寝静まった頃に帰ってくるという、

ブラック企業真っ青の状態で働いていました。

しかも休みは週1日。

その当時はブラック企業という言葉もなく、

これぐらい働くのは当たり前とさえ思っていました。


その時に何気なく盗み見た親の証券会社からの封筒。



いやー、ショックでした。(lll゚Д゚)!


「株の取引って、資金があれば数日で数万円なんて軽く儲けられるんだ!!」


(後でわかったことですが、相当父は投資で失敗していました(^_^;))


当時はITバブル時代で世間でも株の話は話題に上がってました。

子供の頃の純真無垢な気持ちで、そう思い込んでしまった私は、

早速証券会社の口座を開き、取引してみることにしました。



ただ、証券口座を開いたものの、何を頼りに取引していいかわからなかった私は、

流通業の勉強のために日経新聞を当時取っていたので、

その情報を元に取引しました。




が、全く勝てません・・・・。(;´Д`)




カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の矢田 丈さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。