名前のない喫茶店 ~北本さんとライフワーク~

前話: 名前のない喫茶店 ~葛西さんの今しかないこと~
次話: 名前のない喫茶店 ~東川君と信じられる自分~

夕日の光が少し強くなってきたのを部屋の中でも感じる。


北本は熱いコーヒーを一口すする。仕事の緊張感が少しゆるんでいく気がする。この時間に喫茶店に来るのが習慣になってきたと彼は思った。熱いコーヒーを飲んで、中さんとひととき語り合う、それが彼にとってちょっとした息抜きになっていた。





中田さんが小さなキッチンの方から顔を出した。


「もうじきアイスコーヒーの方が売れ始めるかな?」


「そうだね。でも僕は熱いコーヒーがいつでも好きだな」


北本はこの年上の男に敬語を使わなかった。彼はどんなときでもそういった礼儀には気を使う男だったので、このことは本人も不思議な驚きだった。


なぜだろう、と北本は少し考えたことがあったが、よくわからなかった。中さんの人柄だ、としか言えなかった。


「中さん、そういえば、この前、昔の同級生とたまたま話す機会があってさ」


北本は先ほどまで考えていたことを打ち明けた。


「その同級生はいま独立して企業向けの講師の仕事をしてる。クライアントの評判は上々で、企業コンサルタントのような仕事も手広くやってるって話だった。


その彼とさ、昔、学生の頃の話をしたよ。夢とか成功とか、いろんなふわふわした話で盛り上がったよなって。僕は何となく覚えてたぐらいだった。でも、彼はそのときの話を今でもよく覚えていたよ。そして、自分が何を求めているかを考え続けて、結果として今の仕事をしているって言ってた。すごく充実して幸せだって話してたな」


「その同級生と仲良かったの?」


「そうだね、でも、卒業してからはお互い特に連絡もしなかったな。


彼は今の仕事をライフワークだって言ってた。楽しくて、感謝もしてもらえる最高の仕事だって。お前はどうだって言われたよ」


「何て言ったのさ」


「僕もその場では仕事は楽しいよって言った。それは嘘じゃない。でも、何て言うかな、今の仕事がライフワークかっていう気も正直しないんだよね。不満もないわけじゃないしね」


「北くんには、自分の仕事がライフワークとは思えないんだね」


「そうだね。別にそこまで思いこんでないというか。まあ、もちろん一生懸命やってるつもりだよ。仕事だしね。生活の為ってこともある」


「北くんは、ライフワークみたいな仕事にいつか就きたいの」


「うーん・・そりゃ、こういうことしたいから生きてるって言えたら、すっきりして素敵かもしれないね。今の仕事に自分が向いていないところもあるし、こんなことでいいのか悩むこともあるけれども・・まあね。


僕も、入社した頃は仕事とは、なんて考えてたけどな、今は特にあまり気にならなくなってきたっていうか・・よくわかんないけど」





中田さんは、コーヒーをおかわりしながら、言った。


「北くんは、今何が楽しいの」


「え・・そうだね、今こうして中さんとコーヒー飲んでるのは、楽しいよ」


「それは嬉しいね」


「それから、仕事でも、楽しいこともあるよ。

この前、ある社員から入り口のドアが勢いよく閉まりすぎてうるさいので、何とかならないか聞かれたんだ。今、僕は総務だから、そういう類の相談がやってくる。調べてみると昨年交換したばかりの新品で、どこにも不具合はなかった。でも、確かに少し音はうるさかったんだ。僕は、交換したばかりだし、今は我慢してもらうしかないと説明した。社員は渋々納得したけど、明らかに不満顔だったよ。


僕はそれで一端話は終わったと思ってたんだけど、あるとき思いついてそのドアのところに行って、少しつなぎのところをいじってみたんだ。そうしたら、とても音が小さくなってさ、思わずそこの社員と一緒に手をたたいたよ。


そんな小さなこと・・・だけど、ちょっとだけ変わった・・っていうのかな、何か前より良くなった、みたいなことが嬉しいんだよね。こんなものだけどね」


「いいや、北くん、それ、いいよ」


「そうかな」


「そうだよ、北くん、今、北くん、とってもいい顔してた。あのさ、北くんはそれでいいんじゃないかな」


「ライフワークみたいなこと考えなくてもいいってこと?」


「いや、ライフワークかどうかは、どうでもいいってことなんじゃない、北くんには。今何か変わってる、よくなってるってことが、一番楽しい生き方なんじゃないかな」


「そうだね・・うん、そうかもしれない。そんなちっぽけなことでも、僕は楽しいんだよなあ。そうやってたら、仕事とはとか気にならなくなった。ただ、続けること。良くしていくこと。


・・それで、平凡なサラリーマンの出来上がりさ」


「自分に皮肉なんて北くんらしくないね」


「はは、冗談だよ・・でも、何かライフワークっていう生き方もいい刺激になったよ。僕も今の生き方を続けることで、何かそういうものにぶちあたるかもしれないって思う。ま、そのとき考えるかな・・ちょっと長くなった。ありがとう。そろそろ、行くよ」





喫茶店を出ると、夕日はさすがにその勢いを失って、光が穏やかになっていた。石段を下りていると、北本はまたどうして中さんに敬語を使わないか考えてみた。


もちろん中さんの飾らない人柄もあった。そして、中さんは自分といつも同じ目線でいてくれることに、彼は気づいていた。また、熱いコーヒーを飲みにこようと思う。そして、また、いつもの仕事が待っている。北本は苦笑とも、ほほえみともいえない顔で、降りている石段をひとつひとつ数えた。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

名前のない喫茶店 ~東川君と信じられる自分~

著者のMiyoshi Hirofumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。