お金の女神が教えてくれた、新しい時代のお金の引き寄せ

1 / 4 ページ

後編: ★お金の女神が教えてくれたこと 「蛇のように賢く、鳩のように純真であれ」★


生まれた町が地図から消えるかもしれない、そんなときに「お金がなくても幸せ」なんて言えますか?



私の両親は公務員で、兄も公務員ですので、

私が育った家は堅実な職業を堅実にこなす、

お金は強いて求めない、というのを良しとする家庭でした。


また、つつましくささやかに暮らすというのを

一番大切にしていたと思います。


分を守っていい子でいれば、

国が守ってくれる、

というような考えをしていたと思います。


両親が、過度にお金を求めることを嫌っていたので、

私も、ずいぶん長いこと、

お金がなくても幸せ!


お金で幸せは買えない!


みたいに思っていたと思います。




でも、それが覆ったのが、


2011年3月11日の東日本大震災です。



私が生まれた町は、福島県双葉郡大熊町。

震災が起きたとき、私は東京丸の内のビルの中にいました。


震源地が宮城の方だと聞いて、すぐに心配したのが、


原発のことでした。



帰宅難民となり、その日の夜は会社に泊まったのですが、

やがてインターネットで流れてきたのが、


原発事故のニュース。



震えが止まりませんでした。

みんなの読んで良かった!