フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (おまけ)フィリピン事情

2 / 2 ページ

前話: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (16)あれから2年

(いまもあるのかなぁ?)

日本では考えられない寿司屋と焼肉屋が

店内で併設されているというユニークなお店。

しかし、寿司も焼肉も日本国内のお店と

かわらないクオリティでした。

寿司と焼肉を両方いっぺんに食べたい!

という欲張りさんなフィリピン人を

連れて行くにいは好都合なお店です。

※値段は日本の2割安といった感じで、

寿司と焼肉たらふく食って飲んで、ひとり

4000円ぐらいでした。


◆フィリピンのオカマちゃん

タイのオカマさんとちがって、かなりザツ。

オトコが髪の毛伸ばして

女装しただけな人が大半。

でも、面白さはピカイチ。

ヘアサロンで働いている男の人は

見た目はまったくの男でも

間違いなくオカマちゃん。

彦摩呂似の人が多かった気がする...


◆モール

モールオブアジア、メガモール、SMモール

いろんなモールがあるけど、とにかくでかい。

1日で全部はとても見切れないので、

暇つぶしにはもってこい。

建物の中はエアコンも効いてるから快適。

モールの中にあるおもちゃ屋さんは

割といろんなもの売ってて飽きない。

日本と違って店員さんがうじゃうじゃいて

ガンガン商品をアピールしてくるので、

現地の店員さんとコミュニケーション

してみるのも楽しいかも...


◆日曜日の教会

行ったのは教会というより

集会所みたいなところ。

子供からお年寄りまで

1000人近い人が集まった。

牧師さんの説法を聞き賛美歌を歌い、

お祈りをする光景は、信仰を持たない

日本人にはかなりインパクトあると思うよ。

やんちゃな格好をした兄ちゃんが、

恋人に連れられて一緒に祈っている姿は

ちょっと面白かった。

礼拝が終わると味のないソースせんべい

みたいな物を1枚貰って食べる。

意味はよく分からないけど、

キリストが分け与えた

パンの代わりみたいなものかな?

ダバオの空港の廊下にも

小さなマリア像が飾られていて、

飛行機に乗る前に像の足元にふれて

お祈りをする人が結構いた。

何となく、信仰心があるのも

悪くないと思った。


旅行ガイドに載っている項目でも

旅行ガイドには書いてないこと

書いてみました。


◆それと今

彼女は30歳になって、

ダバオのビジネススクールに通い

安定した仕事に就けるようにがんばっている。

自分にも新しい彼女ができた。

それぞれの人生が、

また、すこしずつ動き出した。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の関根 淳さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。