【ぞうれっしゃがやってきた!①】

前話: 【私の思い出たち】〔第八話〕
次話: 【ぞうれっしゃがやってきた!②】

 『ぞうれっしゃがやってきた!』という名の絵本がある。私はこの本が大好きだ。この絵本には,全てが詰まっている。後世まで伝えられるべき名作だと思う。それは,文章がいいとか,こんな決めぜりふがあるとか,こんな素敵な絵があるとか,そういう類ではない。真実の重さ,人間の素晴らしさ,生命の重さが,伝わってくるのだ。

出会い

 “ぞうれっしゃ”と私は,しかしこの絵本で出会ったのではない。話は31年前にさかのぼる。当時私は大学生で,毎日歌を歌っていた。ギター片手に歌うのだ。そんな私に,ある日妹が

「こんなんやってんねんけど,興味あるんとちゃう?」

と送り届けてくれたものがあった。それは,分厚い冊子だった。

 ページをめくってみると,未体験の興奮が私を襲った。なんだこれは!合唱構成?ぞうれっしゃ?平和を歌う?知らない言葉がたくさん出てきた。表紙は手塚治虫先生が描いたものだろう。手塚先生が賛同しているのなら,良いものに違いない。

 〜それは,混声四部合唱の合唱組曲に話がついたものだった。いわゆる〔コンサート形式ミュージカル〕といわれるような形のものだ。妹はピアノの名手だ。伴奏を頼まれて,この合唱の虜になってしまったらしい。

 よく読むと妹がよこしたものは,『合唱構成“ぞうれっしゃがやってきた!”を成功させる会』のものだった。近々発表すると書いてあったが,発表会の日付を見ると,もう本番は終わっていた。私は当日の音源がないかを妹に尋ねた。…あるらしい。私はすぐに送ってくれるように,妹に頼んだ。

 そして数日後,1本のカセットテープが届いた。…30分後,私は涙が止まらなくなった。私と“ぞうれっしゃ”との出会いは,鮮烈だった。


(つづく)

続きのストーリーはこちら!

【ぞうれっしゃがやってきた!②】

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。