ジュエルハウスダンス


派遣会社に勤めていたが、小金が貯まった。英語の勉強を続ける事ができない俺に、

ユウイチが言った。「どうせ日本じゃ英語の勉強できないんだから、俺が行っていたセブの語学学校に行って勉強してくれば」と。しかも全ての手続きをして、後は入金だけ、学費も値切ってくれた。

友達の好意には答えねばと、セブへ。


そこでのはなし。

セブの刑務所には受刑者への更生プログラムとして、ダンスを取り入れていている。


受刑者のダンスショーを観に、セブの刑務所へ行ってみようと、友達が誘ってくれた。

セブの役所で予約をして、月一回、四週目の土曜日に一般人に公開される、ダンスショー。セブの語学学校同期の日本人男子が、全て予約してくれた。


行きは役所から、囚人護送用のバスで送迎。

たまたま、助手席に座る事ができたのでドライバーに「what kind of clime?」

と尋ねたところ「mix murder,robber,drug dealer」との事。

続けて「decided judgment?」と聞いてみる「waiting judgment」と返ってくる。


どうやら、判決がまだでてない受刑者の刑務所(日本の留置所?)だと分かる。



刑務所に到着。さっそく売店でT-シャツを売っていた。この売り子も受刑者。

一気に受刑者との距離が近くなった。受刑者達は1Fの運動場、それを2F席の金網越しに観る。


いよいよダンスショー、スタート。

マイケルジャクソン、ジャスティンビーバー、PSYとダンスナンバーが続いて行く。

特にPSYの盛り上がりかたが尋常じゃない。流石、世界で最も再生数が多い動画の一つだ。個人的にメジャーを嫌う性格だが、やはり誰もが踊れて歌える、世界の盆踊り的音楽は必要なんだ、PSYさん尊敬します。受刑者は老若男女、まさしくmixで踊っている。 男女を一緒にするのにも驚き。

受刑者はT-シャツの色で組み分けされていて、黒T-がエース組。

ダンスのクオリティーも高い。一糸乱れぬとまではいわないが、中央でエース組が踊っている間、端のダンサー達も、全体を意識して踊っている。



知識としては、受刑者の更正プログラムの一環で、ダンスを採用している刑務所があるのは知っていたが、見ると聞くでは大違い。

目的を持った、集団行動の必要性を学ぶには、ダンスほど、最適なものはないと思う。相手の立ち位置、動きを確認し、それに自分を合わせて行く。そうして積み上げたものが、人を感動させる。

ダンスを更正プログラムに採用した人も偉いが、それを一般公開しようとするのも、かなりの決断だと思う。決して、日本では実現しないだろうとも。


ダンス終了後には、受刑者との写真撮影大会。

今までの金網越しとは違い、直に受刑者と触れ合える。ダンスの前は囚人、ダンスの後はスターだ。 どの受刑者も嫌な顔せず、写真に応じてくれる。なんなら俺を撮れとアピールしてくる受刑者までいる。


親切な受刑者たち。


誰しもが犯罪を犯す可能性があり、特に自分自身は犯罪を犯す確率高めだろうなと思っている。金網で受刑者と市民と分けられているが、違いは些細なことだろう。


ダンスショーのアレンジをしてくれた友達が言っていた「セブにはこのダンスショー観にきたから」センスあるな〜。

皆さんもセブに行く機会があれば、是非、受刑者ダンスショーを。



サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のSim Tomoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。