第4話:独立なんて絶対無理|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

1 / 2 ページ

前編: 第3話:自分を思い出す魔法|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語
後編: 第5話:絶対に満たされないコップ|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語


===============================

前回のおはなし

第3話:自分を思い出す魔法|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

===============================



フリーランスwebデザイナーになりたい!

そう肚できめた


自分の意思で人生を生きること。

自分の意志で仕事を作る事。


そう思った時に出てきたのがフリーランスという働き方だった。



独立を見越して会社を変え、

2年働いて独立するつもりだった。


前の上司
独立するのに10年はかかるぞ


そんな言葉がよぎったが、

あまり気にしないようにしていた。




〜〜〜〜入社4ヶ月後〜〜〜〜


新しい会社に入り、前の会社より楽しかった。

自分はわくわくしていた。


でもそれはほんの序章で

そんなわけにもいかなかった。





ある日のこと。

上司
小林君、君はクビです。

自分の働き方・考え方と会社とたびたびミスマッチが起きていた。

たびたびもめ合いになったりしていた。


そして宣告されたのはクビだった。

上司
会社を変えるのかな?いいと思うよー。
でも独立は考え方見直さないと長くかかるとおもうぞ
・・・・・・・・。
わかりました。



何もなくなった。

夢も希望も。



どうやって生きていけばいいんだろう。

希望を作ったらだめなのかな?

こんな自分はだめなのかな?



自分を責めずにはいられない。

帰りの電車の中で心はしくしく泣いていた。



〜〜〜〜とりあえず再就職〜〜〜〜





とりあえずお金を稼がないといけないので

色々会社に応募してみるが

全く当たらない。


行動は応募に移っているけど

本心は気持ちが全くのっていなかった。


自分の気持ちはドロドロしていた。明らかに焦っていた。

「あ〜〜〜〜〜〜〜〜再就職先探さないと。。。。」

「でもなんかやる気が無い。でもやる気をださねば。。。。」





ほんとのところ受かる受からないよりにも

独立したいのにできない自分に葛藤していた。

苛立ちを感じていた。





結局、応募した会社は全滅。

ただただ呆然としていた。



退路をたたれた。


どうしようどうやってこれから生きて行けばいいんだろう。




ひそかに希望も抱いていた。

「これはひょっとしたらフリーランスになれという神のお告げでは?」

という謎の発想からフリーランスになる方向性を考えていた。





相談する

この時、web制作の師匠みたいな人に定期的に会っていた。

もともとは2年ごしで独立を考えていたがまさかの4ヶ月で退社。

しかもクビになるなんて。


おそるおそる相談してみた。

こばけん
師匠、わたしやっぱり独立しようとおもいます。
師匠
ん、いいんじゃない。やってみれば。

意外とあっさりだった。

独立は意外と簡単にできるのか。


不安も入り交じりっていたが行動をしないとはじまらない。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。