ブラック企業の脱サラ凡人が本を出すテレビ出演アーティストになった金コネ才能なしの成幸物語15

前話: ブラック企業の脱サラ凡人が本を出すテレビ出演アーティストになった金コネ才能なしの成幸物語14
次話: ブラック企業の脱サラ凡人が本を出すテレビ出演アーティストになった金コネ才能なしの成幸物語16

書けない作家が書ける作家になる方法

    


著書『金なし! コネなし! 才能なし! でも 人生を後悔しない“僕が選んだ生き方"』にも書いている通り、僕は天才ではありません。


むしろ、凡人です。


当然、昔から文章を書いていたわけでもなく、文化系の部活をやっていたわけでもありませんでした。

(中学から大学まで剣道部)


なので特別、作家に向いているとは到底思えません。


しかし今回は、凡人でも原稿を書ける方法について述べていきます。



凡人が努力して書く方法


『天才作家』とは自然に文章が思い浮かび、手が自然と文字を生み出すような作家のことです。


そんな人は、本当にごく少数しかいません。


では、『天才作家』ではないと原稿を書けないかというと、そうでもありません。


まったく原稿を書いたことがなく、学校でも作文すら苦手だった『素人作家』でも原稿は書き上げられるし本も出せます。


しかし天才型ではない限り、その分、時間と労力をかけて書き上げる努力をしなければなりません。


努力型の書ける作家は、大きく分けてこれら5パターンの書き方で文章を書いています。



パターン1:ライティング・ハイ(睡眠時間を削って書く)


寝ないで書き続けるという、体力的にハードな執筆方法です。


僕は夜から書いて朝になるまで睡眠時間を削って、最終的に9万字を越える原稿を書き上げました。


一流のマラソン選手がよくなる現象『ランニング・ハイ』のように、限界を超えてパワーを発揮させます。

(でも睡魔に負けたら終了……)


自分を自ら追い込んで書くこの方法は、他の作家さんもやられている王道だと思いますが、もちろん無理してはいけません。



パターン2:ウォーキング&ライティング(散歩して書く)


ほとんどの小説家の方々はこれをやっていると思います。


散歩して心身をリラックスさせてから書く方法です。


脳と体を適度に刺激する散歩は執筆に直結する場合が多いので、いろんなルートで散歩してから書くという繰り返しで原稿を進めていきます。


僕は執筆活動中、ほぼ毎日これをやっていました。



パターン3:リスニング&ライティング(音楽を聞きながら書く)


好きな音楽をかけながら書くという、一番オーソドックスな書き方です。


僕の場合、歌詞のある音楽だと別の方に意識が向けられるので、歌詞のないBGMをかけて書いています。


心が静になって耳ざわりにならない音楽が適していると思います。


執筆活動に集中できる自分に合った音楽を聞きながら書いてみましょう。



パターン4:スリーピング&ライティング(眠りながら書く)


ベッドに横たわって昼寝をするような感覚にもっていき、書けそうになったら一気に書く方法です。


そのまま眠りに入ってしまっては書きたいことが消えてしまう可能性がありますので、半寝状態をキープすることを意識します。


この方法はある芸術家が作品を生み出すためにやっていたことでもありますが、感性の右脳も使う作家にも効果があると思います。


僕はパターン1~3でなかなか文章が思い浮かばなかったこと時に、これを実践していました。



パターン5:イーティング&ライティング(食べながら書く)


パソコンを前にして、ご飯を食べながら書く方法です。


食事のマナーは一旦置いておきますが、クチを動かしながら行動することは脳科学的にも効果があると実証されています。


サッカー選手や野球選手でガムを噛みながらプレイする人がいますが、彼らはこの効果を狙っているわけです。


スポーツ以外の場面でも、噛む行為は脳にほどよい刺激を与えるので、新しい発想を生んだりスムーズな行動ができるようになります。


僕は間食はしない方なので、食べやすいどんぶりのご飯を片手に原稿を読んでいました。


そして思いついたら、どんぶりを横に置いて一気に書く。


この方法は時間を短縮することもできるので、僕はよくやっていました。

(TPOに合わせて食事のマナーは守りましょう)


以上、僕が原稿を完成させるまでにやったパターン5つでした。



<出版の夢を叶える成幸ステップ 15>

・自分に合った執筆パターンを模索する

・ひたすら書く




パート16:出版はゴールではなくスタートである

につづく。。。




*出版決定!


            


2014年に書き溜めていた僕の人生が本になりました。


凡人高校生からテレビ出演するアーティストまでの具体的な「ストーリー」、人生を変えてくれた「成幸者たちの教え」、凡人でも最速で「夢を叶える生き方」については、この本をお読みください。


●タイトル:『金なし! コネなし! 才能なし! でも 人生を後悔しない“僕が選んだ生き方"』

●出版社:メタモル出版

●著者:スプレーアートアーティスト YOSHI / 川名慶彦 

●ISBNコード:978-4895958738

●価格:1,300円(税別)


『金なし! コネなし! 才能なし! でも 人生を後悔しない“僕が選んだ生き方"』の注文ページはこちらです。



*内容紹介


スプレー缶を操り、短時間で幻想的な絵を書き上げる『スプレーアート』の第一人者、スプレーアートアーティスト YOSHIこと『川名慶彦』による初の自伝。


今でこそテレビなどでスタジオの喝采を浴びるアーティストだが、かつてはコンプレックスの塊だった!


金なし! コネなし! 才能なし! 

三流高校→ブラック企業→脱サラ貧乏という中で、見つけた光とは?


一度アーティストとして成功をつかみかけるも、自分を見失い仕事ゼロのどん底を経験、そこからいかにして這い上がったのか?


いかにして夢を見つけ、その夢を自分のもとにたぐりよせるのか?

波瀾の半生から学び取れる「凡人でも好きなことで生きていく方法」。



*出版社からのコメント


幸せになりたい!  成功したい!  ビッグになりたい! 

そんなふうに考えたこと、ありませんか?


でも、凡人だから自分には無理。

ほとんどの人が、漠然とした成功を夢見て、簡単に諦めます。


でも、夢をかなえられるのはもともと才能があったり、環境に恵まれていたりする人だけではないのだと、『スプレーアートアーティスト YOSHI』さんが教えてくれます。


落ちこぼれでも、凡人でも、意識さえ変えれば夢をつかむ権利は誰にでもある! 

好きなことに夢中になって、それで生きていくためのヒントが詰まった一冊です。


>本の注文ページはこちらです。


*著者リンク

●スプレーアートアーティスト YOSHI オフィシャルサイト

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

ブラック企業の脱サラ凡人が本を出すテレビ出演アーティストになった金コネ才能なしの成幸物語16

著者の川名 慶彦さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。