過敏性腸症候群

1 / 4 ページ

前編: 過敏性腸症候群 第2回

今もなお心の中にある恐怖


 皆さんは、過敏性腸症候群(IBS)という病気をご存知ですか?


 過敏性腸症候群は、ストレスや不安や恐怖を感じると、腹部が痛み出す・ガスが溜まって苦しくなる・お腹を下す等が突然起こる病気です。腸や血液の検査をしても、何の異常も見られないことも特徴です。→http://medical.yahoo.co.jp/katei/160303000/?disid=160303000←


 この病気は、若い方や女性、長時間座りっぱなしの仕事をされている方に多いそうです。

 真の原因もはっきりわかってません。


 この病気は4つの型があります。

 ①下痢型…突然、便意を催す。その不安感から、外に出るのが困難になる。

 ②便秘型…腸管がけいれんを起こして便が停滞してしまう。

 ③交代型…下痢と便秘が交互に起こる。

 ④ガス型…ガスが通常の倍の速さでたまり、お腹が張る。漏れる。


 以上が、過敏性腸症候群です。

 具体的な治療法がないのが、辛いですが、病で死ぬ病気ではありません。



 ですが。

 もし、思春期時代、教室で、自分の意思とは関係なく、おならをしちゃったとしたら。

 おならをしちゃった人が、どうしようもない程の人見知りな人間だったら。



 これから、そんな話を少しずつ書いていこうと思います。

 私の体験話です。


 (次からは、便や、おならに関する話ばかりですので、

 不快に思われる方は、回れ右をお願いします。。では。)







 -続きます。- 

 

 






みんなの読んで良かった!