いじめられっこひでお~ひでお物語~

前編: パソコンに触れる~ひでお物語~
後編: ほのかな恋~ひでお物語~

中学時代はあまりいい思い出がなかったというひでおであった。

その思い出のひとつ、いじめられていたことがある。


バスケ部に入っていたが、あまりぱっとしないのもあっただろう、そんなだからいじめられたりした。

一年のときにはRというやつにいじめられた。

練習中にひやかされたりした。

あまり覚えていない。

が、そいつはやがて部内でシカトされるようになり、3年になるころには部をやめていった。

やめるころはなんだかかわいそうになって、マンツーマン練習の相手をしてあげた。

かかわっていると、「お前あいつにいじめられてただろうが」と逆に忠告されてたりした。

別に気にしなかったけど。

そいつがやめたあと、別のUというやつがちょっかいだしてきた。

あんまり相手にしてなかったけど、部屋につれこんで、「許してください○○さまとか言わされた。」

なんかあほみたいだったからふざけて返事したら、なぐられた。

そんなあるとき、いつものようにからかわれていたひでおは、

その日、ぷちっと切れた。

自分でもわけがわからないくらいに、大声をあげて泣き出して、そいつの腹をけとばした。

ひでおは泣くと強くなった。

が、逆に顔を殴られて、あざになった。

そんな様子を後輩がいっせいに見てたりして、なんだかかっこ悪かった。

その後、練習もつづいたけども。

よかったのは、その後いじめられなくなったことかな。

そいつとは、同じ高校にいき、ときどき会話もした。

別に普通の関係。

あいかわらずさえないひでおの中学時代だったが、まじめにバスケをしているからか、

持久走ではトップのほうだったし、運動会ではリレーの選手だったし、体力はめきめきついてきた。

あいかわらず地味なやつだったげど、そんな真面目さは一目おかれていたのかな。

先生からも、「ひでおくんは掃除をまじめにするなぁ~」といつもほめられてた。

たいていの男子は掃除もせずに遊んでたり、勝手に帰ったりしてたから。

その掃除をするひでおの姿はいまもわが家では普通の姿である。

ごみもすてるし、布団もほすのである。

続きのストーリーはこちら!

ほのかな恋~ひでお物語~

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。