いじめられっこひでお~ひでお物語~

1 / 2 ページ

前編: パソコンに触れる~ひでお物語~
後編: ほのかな恋~ひでお物語~

中学時代はあまりいい思い出がなかったというひでおであった。

その思い出のひとつ、いじめられていたことがある。


バスケ部に入っていたが、あまりぱっとしないのもあっただろう、そんなだからいじめられたりした。

一年のときにはRというやつにいじめられた。

練習中にひやかされたりした。

あまり覚えていない。

が、そいつはやがて部内でシカトされるようになり、3年になるころには部をやめていった。

やめるころはなんだかかわいそうになって、マンツーマン練習の相手をしてあげた。

かかわっていると、「お前あいつにいじめられてただろうが」と逆に忠告されてたりした。

別に気にしなかったけど。

そいつがやめたあと、別のUというやつがちょっかいだしてきた。

あんまり相手にしてなかったけど、部屋につれこんで、「許してください○○さまとか言わされた。」

なんかあほみたいだったからふざけて返事したら、なぐられた。

そんなあるとき、いつものようにからかわれていたひでおは、

その日、ぷちっと切れた。

自分でもわけがわからないくらいに、大声をあげて泣き出して、そいつの腹をけとばした。

ひでおは泣くと強くなった。

みんなの読んで良かった!