俺が財閥の家庭教師だったときの話2

1 / 4 ページ

前編: 俺が財閥の家庭教師だったときの話1
後編: 俺が財閥の家庭教師だったときの話(終)

そして、俺は豪邸の2階に案内された。

そこには中学生の女の子がいた。

部屋にはベッドが置いてあり、なんと「ちびまるこちゃん」のはなわくんのベッドのような感じで屋根がついていた。

とにかくこんなすごいお嬢様がわが街にいたとは…。

思わず「貧民窟出身下層階級の家庭教師、みかみです。」と自己紹介しそうになったほどだ。


とにかく俺は一生懸命に授業をした。

もうこれでもかというくらい大げさに褒めて、そしてできるだけ楽しい授業を命がけでやった。

授業が終わって、子供が親御さんに報告するはずである。

「この先生よかったよ。」または「この先生いやだ。」

そして、その子供の印象1つで俺は、元の貧民窟にもどるのか、このお金持ちの家庭教師として生きていけるのか決まるのである。


授業がすんで親御さんに報告に行った。

「終わりました。」

「じゃあ、明日もお願いします。」

へっ?

ちょっと待って。

子供さんに俺の印象聞かないの?

いきなり採用?

こんなに汗ダラダラで一生懸命にやったのに?

最初から内定なの?


ははーん。

この展開の早さはカメラで見ていたのに違いない。

レンズ越しでも伝わったか、俺の熱さと子供さんの笑顔が。


とにかくよくわからないが、明日も行けることになった。

つまり俺はお金持ちの家庭教師として認められたというわけだ。

今日から俺はお金持ちの家庭教師になっちゃったのだ。

誰かが「お金持ちの家庭教師さーん。」と声をかけようものなら、満面の笑みで「はーい♪」と振り返るだろう。


そして大事な大事なまさに俺の生活を支える重要な質問をしなければいけなかった。

家庭教師を始めたばかりの頃は、1時間3000円だった。

それくらいないと生活できないし、1時間3000円がフルに埋まっても10万円くらいにしかならない。

いくらお金持ちとはいえ、お金の話だ。

機嫌を損ねたらアウトなのだ。

慎重に慎重に…


「すみません。1時間3000円なのですが、よろしいでしょうか?」

「はい。お願いします。」

「それでどのくらいの頻度でお伺いすればよろしいでしょうか?」

当時まだ俺には生徒が二人しかいなかった。

おそらく月に4万円くらいしか収入がなかったように思う。

みんなの読んで良かった!