アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート8

1 / 4 ページ

前編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート7
後編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート9

青年期における人との出会い――。


僕はこの出会いこそ、後々の人生にとって大きな財産になると思っています。柔軟な感性で日々を過ごしているときに、自分とは異なる生い立ちや境遇の人たちとの触れあうことは、人生に新しい価値観をもたらしてくれ、自分自身を成長させてくれます。


僕の尊敬する哲学者・森信三さんがこのような言葉を残しています。


「人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬遅からず、早からず。しかし、内に求める心なくば、眼前にその人ありといえども縁は生じず。」


僕の人生を振り返ってみると、出会うべき人に出会うべき時に出会っていると感じます。

もう少し早めに出会っていても、価値が充分に提供できなかったであろう相手。

もう少し遅めに出会っていても、お互いのステージがすれ違っていたであろう相手。



ここしかないというタイミングで出会っていることを思うと、「大きな何か」の力を感じずにいられません。



----------------------------


2009年、アメリカンフットボールの関係者にとっては記憶に新しいかもしれないが、この年の7月に東京ドームである試合が行われた。


「ノートルダムJAPANボウル」



アメリカの名門ノートルダム大学のレジェンドOBチームと日本代表の試合だ。

ノートルダム大はアメフトマンガ「アイシールド21」にも登場する名門大学なので知っている人も多いかもしれない。



自宅でリハビリ生活を送っていた僕は、当時大学のチームの監督をしていた糸賀さんから、「せっかくの機会だからこの試合来ないか?」と招待していただいた。




そしてどこへ行っても蝉の鳴き声を耳にするようになった7月下旬。

試合の前日に東京入りするために僕は母と兄と3人で地元から飛行機で東京へ向かった。

10数時間後に本場アメリカで活躍した選手や日本代表選手のプレーをスタンドから観れると思うと楽しみで仕方がなかった。




初夏の東京は焼けるように暑かった。

羽田空港に到着し、電車に揺られながらホテルの最寄り駅である東京駅に向かった。

プラットフォームから改札口を抜けるとそこには仕事を終えた人たちが通りいっぱいに広がり、川の流れのようになっていた。


あまりの人多さに、人酔いしたことをよく覚えている。

みんなの読んで良かった!