小さな手

1 / 4 ページ

願う事…

「健康な身体」



色々な過去。
泣いて、笑って。
怒って。また笑う…

そんな平凡な毎日が変わったあの日。
絶望と言う暗闇に入ってしまった日。

紛れも無い私の過去。



ずっと勤めてたスーパーを辞め。
派遣で事務に入り。
新しい仕事・友達。
毎日バタバタ過ぎてたある日。

グワングワンと、揺れる船に乗っている感覚で目が覚めた。

吐き気。
立てないほど揺れている感覚の身体。

トイレへ駆け込みたくても、立てない…
足にチカラが入らない。

壁にへばり付きながら、とりあえず座り会社へ連絡。

上手く話せない。
言葉が出てこない…


出てくるのは、突然の理解不能なコノ身体への不安の涙。

何処の病院へ行けば良いのかも分からない。

ちがう。
考えるチカラが出てこない。

仕方なく、ダメ元でずっとお世話になってるリウマチ科の主治医に連絡。

すぐ来る様に言われ。

姿を見せるとスグに「入院」になった。

検査の日々が始まる。

何度かのMRIをし、家族を交えての検査結果。

小さな会議室には、沢山の写真。

その写真は、脳・脊髄…

ほとんどが白く写っていた。

意味が分からなかった。

ただ、淡々と説明を頭にとどめて。
黒く写るハズの脳や脊髄の写真を眺めてた。

「多発性硬化症」

それが病名だった。

原因は不明。

治療法も不明。

いわゆる「難病」ってヤツだ。

ベッドに戻り。
母達も帰り。

すぐに点滴を持って看護師とリウマチの主治医がカーテンを開けた。

笑顔でいなきゃ。

きっと何かの間違えなんだ。

だから、リウマチの見慣れた主治医が来たんだ。

そう微量の期待をした瞬間。
後ろにさっき説明してた先生が見えた。

リウマチの主治医から言われた言葉。
「リウマチと平行して診て行きますが、まずはMS(多発性硬化症)の状態を確認しましょう」

初めての点滴の針を刺されながら、また頭が真っ白になっていく。

やっぱり夢とかじゃなく、私は治療法のない病気になってしまったんだ…

その日のうちに「脳神経内科」に移され。

改めて、MSという病気の話をされる。

原因不明で、神経を固まらせる病気。
固まった場所がMRI等で「白く写る」。
治す方法がなく、再発を繰り返してしまう病気。

再発する場所も不明で、神経がある場所ならどこにでも再発する。

静かに「はい。はい…」と、頷き。
こぼれそうな涙をこらえた…


「暗闇」の入り口に足を入れてしまった。


歩けない足。
トイレに行く度に、看護師さんを呼び。
終わったらまた呼ぶ。

シャワーも同様。

脳も白く写ってた為、幼稚園の子が見る様な絵本で、知能検査をし。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。