自分探しの旅に出た大学生が見つけた、ただ一つの真実 ~第2話 暗闇の中の爆走~

1 / 3 ページ

前編: 自分探しの旅に出た大学生が見つけた、ただ一つの真実 ~第1話 自分探しの旅をしたい~
後編: 自分探しの旅に出た大学生が見つけた、ただ一つの真実 ~第3話 山中湖の衝撃~

1日目 出発の日


「ジリリリ、ジリリリ」


目覚まし時計とともに目が覚める。

ついに自分探しの旅、出発の日。


遠足が楽しみすぎて寝れない小学生のように

ワクワクとドキドキから寝れないかと思っていたが、

昨夜は、ぐっすりと眠れた。


空は、快晴。

出発の日に相応しい天気。


高まる気持ちを抑えつつ、忘れ物がないか入念にチェックし、準備を整える。

自転車に十分な空気を入れ、鞄を前後のタイヤに設置。

準備体操をして、自転車にまたがる。


昼の12時。

8日間帰らない家に「行ってきます」と言って、飯能の家を出発した。



まずは、一日目の目的地「厚木」を目指して進むことにした。


厚木までの道は、基本国道を走るため、車にぶつかりそうになっただけで、

特に面白いことはないが、ただ、とても気持ちよく走っていたことは覚えている。


・・・


夜18時、目的地「厚木」に到着。


走っている最中は、カロリーメイトしか食べてなかったため、

パワーを補充しに、厚木の松屋で夕食。


松屋で

「この後、どうしようか?」

と考え、選択肢は3つ。


①健康ランドに泊まる。

②マンガ喫茶に泊まる。

③そのまま進む。


優柔不断な岩間は、とりあえず西方面に向かって行く途中で、

みんなの読んで良かった!