自分探しの旅に出た大学生が見つけた、ただ一つの真実 ~第2話 暗闇の中の爆走~

前編: 自分探しの旅に出た大学生が見つけた、ただ一つの真実 ~第1話 自分探しの旅をしたい~
後編: 自分探しの旅に出た大学生が見つけた、ただ一つの真実 ~第3話 山中湖の衝撃~

1日目 出発の日


「ジリリリ、ジリリリ」


目覚まし時計とともに目が覚める。

ついに自分探しの旅、出発の日。


遠足が楽しみすぎて寝れない小学生のように

ワクワクとドキドキから寝れないかと思っていたが、

昨夜は、ぐっすりと眠れた。


空は、快晴。

出発の日に相応しい天気。


高まる気持ちを抑えつつ、忘れ物がないか入念にチェックし、準備を整える。

自転車に十分な空気を入れ、鞄を前後のタイヤに設置。

準備体操をして、自転車にまたがる。


昼の12時。

8日間帰らない家に「行ってきます」と言って、飯能の家を出発した。



まずは、一日目の目的地「厚木」を目指して進むことにした。


厚木までの道は、基本国道を走るため、車にぶつかりそうになっただけで、

特に面白いことはないが、ただ、とても気持ちよく走っていたことは覚えている。


・・・


夜18時、目的地「厚木」に到着。


走っている最中は、カロリーメイトしか食べてなかったため、

パワーを補充しに、厚木の松屋で夕食。


松屋で

「この後、どうしようか?」

と考え、選択肢は3つ。


①健康ランドに泊まる。

②マンガ喫茶に泊まる。

③そのまま進む。


優柔不断な岩間は、とりあえず西方面に向かって行く途中で、

健康ランドがあれば、健康ランドに泊まり、

マンガ喫茶があれば、マンガ喫茶に泊まり、

なかったら、そのまま進む。


「よし、これで行こう!」

まさに行き当たりばったりの旅。



松屋でパワーを補充し、西に向かって再出発。


と、10分も走らないうちに健康ランド発見。

「まだ19時だし、さすがに休憩は早いな。先に進もう。」

早くも選択肢が一つ消える。


と、また10分も走らないうちに今度はマンガ喫茶発見。

「まだ19時だし、さすがに休憩は早いな。先に進もう。」

再び、選択肢が一つ消える。


「まだ進めるな」と思っているうちに、店や家がなくなり、気づくと山の中を走っていた。


そこで、岩間は決断する。

「そのまま進もう」


優柔不断から卒業した岩間がそこにいた。



進むことを決断し、とにかく西へ向かって走った。

山奥に突入し、周囲は暗闇。

そして、間違って、基本車しか走らない道に入ってしまい、車にどんどん追い越される。

その度に「自転車が邪魔して、ごめんなさい」と心の中でつぶやく。


ようやく自転車も走れそうな道を見つけて、その道に避難する。

だが、その道は電灯がなく、車が通らないため、光は貧弱な自転車のライトのみ。

更なる暗闇の恐怖が襲う。


「あ、危ない!!」

突然、動物らしきものが目の前を横切る。

急ブレーキをかけ、動物らしきものには当たらなかったが、

暗闇の恐怖だけではなく、動物らしきものの恐怖が追加された。


あらゆる恐怖と戦いながら、なんとか住宅がある道までたどり着いた。

もちろん人は歩いていない。


その時、時間は24時。


とにかく休憩するところを探すため、さすがに御殿場なら何かあるだろうと思い、

御殿場を一日目のゴールとして設定する。


夜中2時、御殿場到着。


「御殿場に着いたー!さて、休むところを探そうかな。さすがに駅前には何かあるでしょ」


御殿場駅前に着き、そこで岩間は自分の甘さを後悔する。


「な、何もない( ゚Д゚)」

岩間の時間が止まった。


「・・・さ、さて、どうしよう。・・・まぁ時間もあるし、とりあえず駅前をぶらぶらしてみよう」


ぶらぶら自転車で走っていると、いきなり女性に声をかけられた。


「お兄さん、どうですか?」


岩間は、一瞬でその言葉が意味するものが何か分かったが、

旅人としてのプライドが許さず、

「結構です」

と丁寧に断り、再び、駅周辺を散策した。


その後、

女性の前を通る → 声をかけられる → 断る

を何度か繰り返した。


夜中の4時になり、さすがに疲れてきたため、

意外と近くにあったファミレスを発見し、そこで休憩することにした。


ファミレスに到着し、朝食セットを注文。

松屋振りのご飯だった。


朝食を食べた後、疲れと眠気からいつの間にか眠りについていた。


・・・


朝の6時。外は明るくなっていた。

続きのストーリーはこちら!

自分探しの旅に出た大学生が見つけた、ただ一つの真実 ~第3話 山中湖の衝撃~

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。