男の子は青。女の子は赤。

1 / 2 ページ

みんな、

私の着ているものを見て笑ったわ。

でもそれが私の成功の鍵。

みんなと同じ格好をしなかったからよ。

 

- ココ・シャネル -(1883年~1971年)


フランスの女性ファッションデザイナー。



よく晴れた土曜日。

そう、今日は週末恒例のシューズ洗いの日だ。



一年生になった娘様は、週末になると学校で履くシューズを、小さな手でゴシゴシ洗っていた。



娘様
ママーーー


お。仕上げかな?


わたし
はいはーい


娘様
ママ、これ見てー



あれま。

まるで虫さんにパクりんちょされたように、ポッカリ穴が開いていた。


これは、いけませんな。


わたし
うし。明日買いに行こうー


娘様
わーい♪




ー日曜日ー


私は、バタンキューしていた。

しかし、そんなとき母上からお電話リンリンリン。



母上
今日、予定あるー?


なんというベストなタイミングなのでしょう。

母上が、母上様になった瞬間だった。


わたし
母上様よ。
カクカクシカジカで、娘様のシューズ穴パクりんちょなので、シューズを一緒に買いに行ってはくれませんでしょうか?
申し訳。


母上様
ガッテン承知の助!


ありがたやー


ということで、娘様は母上様とお出かけ。

いってらっしゃいませ。



ー夕方ー



娘様
ただいまー


わたし
おかえりー
シューズは買えたかい?


娘様
うん♪




ルンルン娘様に、キュンキュンな母。


じゃあ、名前書こっかね。




ガサガサ、、、



・・・・!?!?



わたし
え?




袋から出てきたのは、青いシューズだった。



わたし
えっと、赤じゃないの?



母上様
私も聞いたんだけど、娘様が青がいいって言って。





娘様
・・・・・・。




娘様
・・・・。赤にする。。
穴開いたやつ、明日履いていく。
今日買ったやつは返す。


気付くと娘様は、目に涙をいっぱい浮かべていた。


私は、はっとした。

私は、一瞬にして娘様の好きを否定してしまったのである。




わたし
ごめんね。ママの言い方が悪かったねっ。青でいいんだよ。


娘様
・・・。ううん。
赤がいい。赤にする。



私は、激しく後悔した。

そして続けて、こう言った。



わたし
・・本当にごめん。
少しママの話を聞いてくれる?


娘様
・・・うん。



目に涙をいっぱい浮かべて、頷く娘様。

みんなの読んで良かった!

他7コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。