アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート10

1 / 3 ページ

前編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート9
後編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート11

「ただ足が悪くて、車いすに乗っているだけかと思っていた」


多くの方は、僕の姿を初めて見てこういう印象を持つようです。

僕が抱えているのは「頸髄損傷」という障害ですが、歩けないだけでなく、さまざまな二次障害があります。


例えば感覚障害により、熱い、冷たい、痛いなどが分かりません。僕の頸髄損傷の友人はこたつで足の親指をやけどしました。こたつの熱い部分に親指が触れていたそうですが、やけどによる焦げ臭いがするまで気が付かなかったそうです・・・


普段、障害を持っている人と関わる機会がないと、このような症状を知ることはまずないでしょう。

障害を持っている人とそうでない人がともに幸せなるためには、お互いの「慣れ」が必要だと思います。障害者に対する疑問が「心の壁」を作り出してしまいますが、その疑問が解かれ、障害者に対する「慣れ」が生まれたときに「心のバリアフリー」が実現されると思います。


そのためには障害を持っている人とそうでない人が一緒に遊んだり、出かけたりすることが一番なのではと思うようになりました。車いすであっても、どんどん外へ出ていろんな人と接することが、障害を持っている僕の役目かなと勝手に思っています。笑




 

------------------

 


2009年12月に天理大学で講演会をすることが決まった。

早速、準備に取り掛かろうとしたがこれまで大勢の前でスピーチをしたり、長時間話すような経験は全くなかったため、何をすればいいのか分からなかった。


結局、一人で90分間喋る自信はなかったので、伊藤部長、僕と同期のアメフト部のマネージャー、僕の母親の3人に協力してもらい、トークセッションという形で実施することになった。


そして事前に原稿を用意し、当日はそれを読み上げることになり、まずは、当時の様子を振り返りながら原稿を作成することにした。


しかし、不思議なことがあった。

それはなぜか入院中の記憶をあまり思い出すことができなかった。

その後、心理カウンセラーの方から、心に傷を負わせるような出来事は、抑圧や解離といった、心の防衛メカニズムがはたらいて、その辛い記憶が、意識に上って来られないようすることがあると教えていただいた。恐らく当時の僕は入院中の出来事と向きあう準備ができていなかったのかもしれない。


 

このときに役に立ったのがひとつの日誌だった。

それは、母親や兄が入院中の出来事や僕の状態を記録してくれていたものだった。もちろん僕自身はその日誌を見たことがなかったため、このときに初めて当時の家族の心境を知った。



1ページめくるごとに、僕は胸を鋭いもので貫かれるような衝撃を感じた。そこには家族が僕の事故によってどれだけ苦しみ、悩み、涙を流してきたのか綴られていた。

暗い悲しみと苦しみに閉ざされていたのは自分だけではなかった。

客観的に考えれば当たり前なことだが、僕は自分の被害者意識に包まれこの当たり前な事実に気づいていなかった。


そしてこの日誌や資料を参考にしながら、事故の経緯や入院中の出来事、リハビリに関することや自分の体の状態について文章をまとめ、伊藤先生の添削と内容の訂正を繰り返し、原稿を作成した。


みんなの読んで良かった!