小学生から就職(辞めていち早く自分のやりたいことをやる氣でいる今)までのはなし

小学生1.2年生の頃、すべてが恐怖だった。

友達にイジめられているわけでもない。
とくに心にダメージを負ったわけではない。

じゃあなぜかというと、すべてが心配だった。なんかわかんないけど、学校という空間を感覚が拒否した。

しかし、それも3年の頃になると普通に通い始めることになる。
モテたいという一心でひたすら笑や、スポーツに没頭した。

しかし、なんせ1.2年の頃の勉強不足が仇となり、勉強がいかんせん出来ない。

モテてきて、友達も増え、居心地もいいが、勉強が出来ない。

しかし、こんくらいがちょーどいいだろという気持ちで過ごしていた。

このまま中学生にあがり、ねじまがった生活が始まる。

つづく

みんなの読んで良かった!