【第八話】『旅人になった日』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

1 / 11 ページ

前編: 【第七話】『そして、旅に出る』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
後編: 【第九話】『旅の洗礼』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

1日目「旅の始まり」





ついに僕は歩き出した。




初めての旅。


初めての一人旅。




ずっと憧れていた




「旅」






僕は今、念願の「旅人」になったのだ!






ほんの少し住宅街を抜け、国道20号線へ出る。




同じ神奈川県にも関わらず、そこは全く知らない世界。




「この道が日本海まで繋がってるんだ!」




そう思うと、どこにでもある普通の道路が、

一本の光の筋のように輝いて見えた。






1日25㎞以上歩かなければならない。




今日のゴールは山梨県の笹子。




このゴール設定はもちろん、ちゃんとした距離を測った訳ではなく、


地図の縮尺を指で測って、ちょいちょいとやって決めている…。




なぜGooglemapを使わなかったのかと言うと、


この時僕は、Googlemapで距離が表示されるのを知らなかった…(苦笑)








笹子といえば、笹子トンネル。




ちょうどこの旅の少し前に、


笹子トンネルで大事故があったため、


ニュースで幾度となく名前は耳にしたことがある。




そう、名前しか知らない。




どんな町なのか?


宿泊施設はあるのか?




なんてことは全く調べていない。






「テントもあるし、何とかなるべ!」




この気持ちだけで、




「日本海へ行こう!」




と決断し、実行してしまうんだから、


人間なんて、本当にやる気になれば、

出くわす環境なんてほとんど関係ない。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。