今思い出した。初海外はNYだった。

1 / 3 ページ

 初めての海外はNY(アメリカのニューヨークのマンハッタン)だった。


そう聞くといかにも海外慣れした人間の様に聞こえるかもしれない。

でも実は全くそんなことはないだ。

もし「海外には興味あるけどちょっと不安だ」

という人がいたらこれを読んだら少しは楽に考えられるようになるかもしれない。

では、ワタシがもともとたいして海外に縁もなく初心者だったかちょっぴりお見せしましょう。

恥ずかしくて本当は紹介したくないこともあるけどネ。


 ワタシが初めて海外に飛び立ったのは2009年9月のことだった。

バンドマンだったワタシは頑張っていたバンドが解散し、悶々としていた。

すでに年齢は23歳となっていた。

自分なりにストイックにバンド活動していた反動もあり、もがいていた。

表現者としての自分の中からは「なにかしたい」という思いが浮かぶ。

でもその「なに」がしたいのかそのころはっきりとはつかめなかった。

生活費を稼ぐ「仕事」の毎日の中で、次の音楽活動の居場所を探していた。

そんななか、ワタシの心にはもう一つの想いがあった。


「今しかできないことは何か」


未来の計画は当然必要。

しかしその上で”嫌でも忙しくなる”前に今できることはないか。

そう考えていた。

「そういえば、まだ海外に行った事無いな」

今思えばなんとなく浮かんだちょっとした気持ちが出発点だった。


もともと海外に興味だけはあった。

例えばハワイ。

ちょっとお金持ちの友達なんかは夏休みとかに家族で行ってたりする。

単純にうらやましい。

あとイタリア。

中学生の時サッカーをしていたワタシはその頃イタリア代表が好きだった。

なんて単純なんだ。

それからイギリス。

ワタシはパブロックというジャンルに触れたかった。

それ以上にブリティッシュなロックの空気に触れてみたかった。

でも

行き先は違った。

ワタシが選択した行き先

それは


ニューヨーク


ただの観光にしたくなかった。

別に観光が悪いわけじゃないんだけど、

その時の自分の心境もあってバカンスじゃしっくりこない。

セントラルパークの路上ミュージシャン達の生の空気、

体にリズムがあって、街に音楽がある空気、

そんな空気を感じるためにNYに「散歩」しに行こうと考えた。

「旅費」という現実もあった。

思い立ったが吉日。

行くなら早く行きたかった。

航空券は格安の経由便。

旅費はトータル10万円。

荷物は肩がけバック1個。

まさに「散歩」だった。


「思い立ったが吉日」


良い言葉だね。

海外旅行に対する概念がなかったので考え方が自由だった。

いまじゃ自分でも信じられないほどの軽装備だった。

服とか着替えは必要であれば向こうで安いの買えばいいや。

そんな風に思ってた。

ネットで調べた

幾つかの英単語を印刷。

カメラ。

準備といえばそれくらいのもんだった。

スーツケースなし。

肩がけのちっさい鞄1個

鞄はこんな感じ。



なんかね、

なめられたらあかん!

そんなふうに本気でで思ってた。

初海外なんだけど

NYまで一緒に行こうなんて友達はいなかったので

旅行者に見られないようにしようって思ってた。


スーツケースは旅行者まるだしやな。

あかん。


いや、あかんことないんですけどね。

そう思って自分が守れる範囲の荷物がこの肩がけバックだったんだ。


そんなこんなで旅立ちの日は近づいた。

出発前夜。

ワタシは正直眠れなかった。

ワクワクではない。

恐怖だった。

考えれば考えるほど不安要素は湧き上がる。

英語もしゃべれない。

誰もしらない。

嗚呼。

考えるのやめた。

寝た。

起きた。

飛んだ。

結構あっさり最初はそう思っていた。

でもね。

やっぱ面白い事が色々起きるね。

アメリカは遠いゼ。

映画3本見て10時間経ってようやくサンフランシスコに辿り着いた。

今では笑話だけど

正直サンフランシスコで1回諦めたね。

疲れ切ってたもん。




サンフランシスコからは6時間程度だった。

現地の夜遅めの時間に到着。

事前にマンハッタンまでのバスがあることを調べてたワタシは乗り場に向かった。


営業時間は終わっていた。

もう一度言おう。

営業時間は終わっていた。

著者のBakuro Relecoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。