普通のサラリーマンだった僕が10km以上走ったことないのに1週間分の自給自足の荷物を全て背負って灼熱のサハラ砂漠で250kmを走って横断することになった理由

1 / 20 ページ

左足首が痛む。アキレス腱の丁度裏側に当たる部分が熱を帯び、赤く腫れ上がっている。友人の理学療法士に尋ねたら前脛骨筋(ぜんけいこつきん)というところを痛めているらしい。



___サハラマラソンゴールから1日後。


2015年4月12日。

南モロッコの都市、ワルザザート。人口56,000人。モロッコ中部、アトラス山脈の南側にあり、アトラス山脈から流れてきたドラア川が平原に出るところ。砂漠の雄大な光景が広がっているため、アラビアのロレンス、スターウォーズ、グラディエーターなどの名だたる映画が撮影されたこの街に今、僕はいる。


昨日、サハラマラソンというアドベンチャーレースを完走した。


サハラマラソンは世界一過酷と言われるマラソン大会だ。文字通り、この大会はサハラ砂漠で行われる。気温が日中40℃を越え、夜には10℃近くまで下がる温度差の激しい過酷な環境。そんな中、食料、衣服など、レース中の自給自足に必要な道具を全て背負い、一週間で250kmを駆け抜けるというなんともクレイジーなレースだ。


僕はそんな過酷なレースを完走するようなバリバリ体育会系の凄い男___では、決してない。全くない。


この大会を初めて知ったときの僕には、大会に参加するために必要な時間も、資金も、体力もなかった。どこにでもいるごくごく普通のサラリーマンだった。



___サハラマラソンスタートまで、あと771日。


2013年2月3日。


その日もなんてことのない1日だった。チェーンレストランの店長をしていた僕はいつも通りに仕事を終え、夜の9時を少し回った頃に店を出た。車のキーを鞄から取り出し、エンジンをかける。接客が好きでこの仕事を選んだ。やりたくないことももちろんあるが、渋滞、いわゆるラッシュアワーに巻き込まれないことは本当にありがたいと、車を運転しながらいつも思う。父に似たのか、渋滞とか、行列とか、じっと待たされることはどうにも耐えられない性分なのだ。


熊本市内から流れの良い道を20分程運転して駐車場に車をとめた。玄関を開け、誰もいない自宅に灯りをつける。灯りと言ってもほのかな光を漏らす程度の間接照明だ。ほんの一年前まではインテリアなど全く興味のなかった僕だが、今では休日は1日インテリアショップで過ごしてしまう程、インテリアに凝っている。ブラインド、ベッドなどはブラウン系で統一し、壁紙とデスクは白。そこにアクセントで丸い小さなカーペットで赤を添える。その上には腰くらいまでの高さの観葉植物。なんという名の植物だったかは忘れてしまったが、万歳をするように緑の葉を元気一杯広げている。部屋の隅にはオンラインショップで購入したお気に入りのペンダントライトが置いてあり、その光が漏れて部屋を優しく照らしている。


部屋にテレビはない。少し前に近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」にハマった僕は徹底的に断捨離をしまくって、そのときにテレビも手放したのだ。元々は収集癖があり、テレビドラマのDVDや漫画本のコレクションを大量にずらりと揃えていた。趣味でバンドもしていたので、ピアノ、ギター、ベースなどの楽器や機材もてんこもり。それらも全て手放した。荷物の大ダイエットに成功した僕は部屋が大き過ぎることに気がついて、少し小さ目の今の部屋に引越までしてしまった程だ。


テレビを手放したのは大正解だった。テレビがある頃は家に帰ると最初にテレビのスイッチを入れていた。特別見たい番組がある訳でもないのに気がつくとビール片手に深夜までテレビに釘付けになり、寝る。そんな毎日だった。


テレビを手放して空いた時間はとても有意義な時間になっていた。ゆっくりと1日を振り返ったり、身体を休めたり、これからの自分について考えたり。物も時間も、抱えているモノを手放せば、空いたスペースに今の自分に本当に必要なモノが自然に入って来るのだと知った。


荷物を定位置に置いて部屋着に着替えると僕はパソコンのスイッチを入れた。一通のメールが来ていた。普段はあまり連絡を取らない父からだった。


「怪しいと感じるかも知れないが、黙って最後まで見て欲しい。」


そんな言葉と共にとあるURLが記載されていた。


記載されたURLを辿って見ると、なるほどなんとも怪しいサイトに辿り着いた。


●誰でも稼げる!

●サラリーマンをしながら副業で◯◯万円!

みんなの読んで良かった!