夢追い人

1 / 10 ページ

夢追い人 未だ叶わぬ夢

人生は前は見えぬが後は見える。

何時までも続くのか夢は。

夢はそのまま夢で終わりを迎えるのか?


私の夢の始まりは転職をした時からです。

さて引っ越しはしたものの仕事は・・・

大阪で10年近く金融機関勤務しておりましたが

実家相続問題、因みに私は長男です。それと金融機関の

合併が囁かれ始めた頃でした。

金融機関の合併が始まれば先々の保障は無いかもしれないとの不安はありました。

今現在元勤務先は吸収合併を重ねて存続しています。


新しい仕事は帰る先の大分県の田舎は農業地域です。

工場もなく特産品はみかんが有名でした。

退職前から探していた職業、種苗販売か介護のどちらかに決めていました。

種苗販売は京都のタキイ種苗に問い合わせたらこれからのビジネスでは無い

品種改良やハイブリット化が進み厳しいビジネス環境になりますと言われた。

そこで介護用品販売をすることに決めました。

ビジネス見本もなく、専門書もない仕事にはいったのです。

まだ世の中に何もお手本のないビジネスをするには実情調査しか有りません。

先ず挨拶と聞き取り調査から始めました。

市町村の福祉係、市町村社会福祉協議会、福祉施設等を回りました。

次に病院周りを開始しました。ここが一番の需要となりました。

大きな病院には相談窓口が有り退院後の相談にも乗っていました。

その中にベットや床ずれ防止機器やリハビリ用品の斡旋もしていたのです。

退院となると病院でケースワーカー・ソーシャルワーカーから言われた商品を

自宅へ搬入して組み立て使用できるようにしました。

その後は月一回の定期訪問に切り替えます。


病院以外は市町村社会福祉協議会を訪問、特にヘルパーさんから情報をもらっていました。


特別養護老人ホーム、軽費老人ホームは既存の業者がおりましたので難しかったです。


 

この当時の在宅はこの様な様子でした。


 

お客さん宅を訪問すると掃除をしていました。


理由を聞くとその答えが・・・


この後「ヘルパーさんが来るので掃除をしている」との答えでした。

みんなの読んで良かった!