「××のお化け」と呼ばれ、孤独だった僕が今、好き勝手に生きていられるワケ〜 綺麗にしていたはずなのに人に汚いと言われる謎〜

1 / 5 ページ

前編: 「××のお化け」と呼ばれ、孤独だった僕が今、好き勝手に生きていられるワケ。
後編: アトピーが僕にくれた3つのプレゼント

ある日僕はクラスの中でひとりだけ、握手を拒否された。



あれは、いつだったかな。小学校のときかな?

確か運動会かなんかの練習のとき。

運動会ってさ、組体操とか、バディ組んでなんかやるっていうのあるよね。


そのときの子供の僕は、子供ながらに「僕は汚いんだ」と

自分で自分に思い込ませた。


なぜかって?



僕は、触ってもらえなかったから。

二人三脚とか、組体操とかって手を繋いだり腕を組んだりするよね。

僕は、触ってもらえなかった。

正しくはいうと、仕方なく触ってもらえた。触らせてもらえた。


周りは楽しそうに握手したりしてるのに、僕は体操服の隅っこをつままれ、

僕自身はその子に触ることを拒否された。

そして先生に「井上くんなにしてるの!!ちゃんと手をつなぎなさい!」と。

僕は言いたかった。触らせてもらえないんだもん。と。


でも先生に怒られたくなかったから、ごめんなさいと言って手を握らせてもらった。


そのときの目は忘れなれない。僕の腕を見て明らかに嫌がっている。

子供の僕ですら、「あ、いやがられてるな」ってわかる。目。



※当時の僕の腕の雰囲気※



汚いかな?綺麗でしょ?


僕は毎日お風呂に入り、綺麗に体を洗っていました。

たぶん男子の中では丁寧すぎるくらい。

でも不思議。僕はどんなに綺麗にしても汚い人らしいんだ。


どんなに綺麗にしてても、泥んこの人よりも汚いんだ。

でもね、長袖着て隠そうと思ってもダメなんだ。

かゆいんだ。夏は汗でかゆいんだ。

でも半袖着ると、汚いんだ。

みんなの読んで良かった!