ダウン症の妹と私(part 3)

前話: ダウン症の妹と私(part 2)
次話: ダウン症の妹と私(part 4)
そしてとうとう母と喧嘩した。
きっかけは些細なことだった。
私は当時、某大手スイミングスクールの選手クラスで練習が毎日あって、一日休むと戻すのに3日かかると言われていて、休むのは良くないと言われていた。
だが、今迄の思いが積もってしまい爆発した。
水泳が好きで行く支度もしていたが、母親のいった一言にカチンときたのだ。

TVを見てて、母がこの漢字わかると聞かれて、わからないと答えた時だった。
こんな漢字も読めないなんてただの水泳馬鹿じゃない!!
あー恥ずかしい。常識問題よ、これ。
いらっときた。水泳道具を投げおろし、今日はもう行かんとはなった。
母はきれた。
どうして行かないの。練習が辛いから逃げてるんでしょ。
私はいった。
そんなんじゃない。私の努力もしらないで。
私はどうせ馬鹿です。水泳しか出来ません。

続きのストーリーはこちら!

ダウン症の妹と私(part 4)

著者の山本 真由さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。