助産師である私の素晴らしき大難産 ③

1 / 3 ページ

前編: 助産師である私の素晴らしき大難産 ②
後編: 胎内記憶の講演会に行った時のはなし

産後2日目、昨日乳がまったく飲めなかったせいで、けっこうしっかりと体重が減ったみのみ。




黄疸で治療になったら絶対に嫌なので、直接乳をやる以外に、搾乳と砂糖水も追加して飲ませる。

乳の分泌は良好。でも搾ってみたらやっと10ccとれる程度。

日中は2時間くらいで起こしながら、直母+搾乳+砂糖水をガッツリ飲ませる。


ウンチもシッコもよく出るのでたぶん大丈夫だろうなと思う。


そういえば吸引分娩で一番心配していた頭のたんこぶ、1日目でもう吸引の跡はわからないくらいになっていた。


みのみ、オムツ以外おとなしくほとんど泣かない。

夜になって、また搾乳を飲ませていたら、鼻から出るくらい盛大に吐いてしまったので、そこから自律授乳に切り替える。もう特に時間も気にせず、欲しがったら欲しがっただけやる。


自分的にも余裕が出てきて、妊娠中にセミナーで習った「おひな巻き」というのをやってみる余裕もある。


超おとなしいので、私はシャワーあびてフェイスパックしながらIPPONグランプリを見る余裕すらある。ほんとに産後2日目?



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




そしておとなしく全く手間がかからず、乳飲みも上手なみのみを見ていて、突如納得したのです。



私の難産の意味。


やっぱりみのみが全部決めていたんだ。


産後これだけ育てやすいみのみを見て、骨盤ケアはやっぱり意味があったんだと感じる。

渡辺信子先生の本に書いてあった通り、みのみめちゃくちゃ育てやすい。


あれだけ大量出血したのに、顔色が悪いだけでめまいとかほとんど症状が出ない元気な私。体力をしっかりつけていたのは無駄ではなかった。


むしろ漢方飲んだり体調整えていたから、この程度で済んだんだ。


どんなに早く会いたいとお願いしようと、予定日8日遅れでやってきたみのみ。お腹の中できっとしっかり練習して出てきてくれたんだね。充分に育ってから出てきてくれた。


通常無痛にすると、薬の影響で薬を追加したあとに赤ちゃんの心拍数が下がる(心拍数が下がる=赤ちゃんにストレスがかかっているサイン)ことが多いけど、みのみは無痛にした後も心拍は変わらず元気だった。


子宮口全開したあとはさすがに下がっていて、出産直前には酸素ボンベも使った(心拍数低下に対する処置)けど、回復は良かった。急いで出さなければいけないような切羽詰まった吸引ではなかった。

みんなの読んで良かった!