胎内記憶の講演会に行った時のはなし

1 / 3 ページ

前編: 助産師である私の素晴らしき大難産 ③

予定日まであと1週間!




相変わらず、お腹のハリがあるくらいで特に変化なし!



今日(2013年5月8日)は、池川明先生の講演会に行ってきました。


「胎内記憶」の本を数多く出している先生。助産学生の時にも一度講演を聞いたことがあって、


2歳~の子供たちに、お腹の中のことを覚えているか聞くと、一部の子供たちはいろいろな記憶を語りだすそうです。



妊娠中、甘いものを食べるたびに、講演会で聞いた「ママがアイスとかチョコを食べると、身体がベタベタして嫌だった、って言った子がいて・・・」という話をよく思い出してました・・・(でもやめられなかったけど・・・)



池川先生はとっても穏やかな語り口で、話もすごく面白いです。


今日の講演で一番印象的だったのは、




・お母さんが「いい出産だった」と思うことが、子供のその後の発達に影響すること


・そして「いい出産」というのは、帝王切開だろうが吸引だろうが関係ない!こと


・子育てが正解だったかどうかは、子供が30歳・大人になった時に立派に自立しているかどうかで、出産がどうだったかというのは過程のひとつでしかないこと



仕事でいろいろな出産を見ていると、いわゆる「難産」というケースもたくさん見るので、


私の中で「いい出産」って、時間が短くて(短すぎてもリスクがあるけど)、赤ちゃんがするっと降りてきてくれて、促進剤使ったり、切開したり吸引したりしなくて、自然な感じで・・・っていうイメージがやっぱりなんかあったのですが、



主観として、自分がどう捉えるかことこそ大事なんだね。


私は、助産院での出産に憧れて助産師になったこともあり、助産師なりたての最初のうちは


「助産院みたいなアットホームな雰囲気で、薄暗い部屋で、医療処置はなしで、好きな音楽を流して助産師さんがマッサージしてくれて・・・」なんて「理想の出産像」みたいのを持ってたんだけど、




みんなの読んで良かった!