トイレトレーニングで長女が私に教えてくれたこと

1 / 3 ページ

トイレトレーニング…




それは、それまでオムツでの排泄しか出来なかった子供に、トイレでの排泄を教えていくこと。

昔(30年くらい前?)は布オムツだったため、1歳になる頃にはトイレやおまるでの排泄を教えてオムツが取れていた子が多かったらしいが、ここ最近は紙オムツの品質が良くなり、3歳健診でもまだ取れている子が少ない、なんて言われている。



が家には3歳と1歳の娘たちがいる。

現役オムツ世代である。ゴミ出しの日にはオムツゴミがパンパン。

いくら高性能吸水ポリマーの恩恵に預かっているとは言え、エコ的にも経済的にも早めにオムツが取れてほしいところ。



我が家のトイトレ歴


長女が保育園の1歳児クラスだった頃、夏はオムツの取り時!と聞くので、「そろそろトイレトレーニングするんですか?」と聞いたけれど、保育士さんからは「2歳クラスで本格的にやります」という返事だった。


長女は5月生まれのため、月齢が高くて1歳児クラスでもすでに2歳だった。「2歳でもまだやらないのか~」と思ったけれど、その頃年子で生まれた次女のお世話に手いっぱいで、特にトレーニングは始めず過ごしてしまった。



2歳も後半になる頃、義母が熱心にトイレに誘ってくれ、たまにトイレで大ができたりして、「これオムツ取れるよ!」と義母に言われたけれど、私があまり気合を入れてやらなかったせいですぐにオムツでの生活に逆戻り。1歳児クラスが終わる頃、気が付いたら長女よりも月齢の低い子が布パンツを履いているのを送迎の時に見かけると少し焦り、少し積極的にトイレに誘ってみるも、そう簡単にはいかずまたオムツへ逆戻り…というのを繰り返していた。


長女はおしゃべりの上手な子で、1歳半の頃には2語文を話していて、2歳ではこちらの言う事をちゃんとわかって会話が成立していたので、おしっこを教えてくれることなんて簡単にできるだろうに…と思ったけれど、なかなか進まない(進めていない)トイトレに、たまに焦りだんだんやらなくなり…の繰り返し。


そして2歳児クラスになり3か月。もうすでに3歳になっている長女だが、相変わらずオムツ。3歳児健診でもうパンツを履いている子を見かけたり、続々と布パンツに変身している保育園の同級生を横目に見つつ、これまでぐだぐだと言い訳しながら本腰を入れなかった私もついに「本格的にやらなきゃダメだ!」とスイッチが入る。



長女の頑張り



急にスイッチの入った私は、トイレに便器が「やったね!」としゃべっているイラスト入り自作のシール台紙を貼り、「トイレで出来たら好きなシール貼れるんだよ」と長女をトイレに誘った。最初はシール目当てに何度かトイレに座ってくれたが、だんだんご褒美効果が薄れ、シール貼ろう!と言っても反応しなくなってきた。


一緒にパンツを買いに行き、長女の好きなものを選ばせて気分を上げてみた。

「おねえさんパンツ(布パンツのことをよくこう言う)かっこいいね!」とヨイショしてみた。

こまめに声をかけて「おしっこ大丈夫?」と聞いてみた。



ところが、一向に進む様子のないトイトレ。そもそも布パンツにあまり興味を示さない。

布パンツで何度も声をかけているのに、声をかけた次の瞬間にお漏らししている。

みんなの読んで良かった!