地元から一歩も出たくなかった私が石垣島への移住きっかけに人生が様変わりした話

1 / 4 ページ

【引越し編】



1。ふられた


まず、私がこの話で伝えたいことを書いておく。

ひとつめは、何かを失うことはこわくないということ。

ふたつめは、環境が変わることもこわくないということ。

みっつめは、付き合う人が変わると世界が広がるということ。


私はあと半年で30になる冬。当時4年くらい付き合っていた彼氏にふられた。



ちょうどその頃、弟の結婚が決まっていた。

私はとにかく気を紛らわせるため、仕事とバイトに打ち込んだ。 


わたし
わたしは、かわいそうじゃない。


自分がそう思っていても、周りは心配してくれる。

30手前で男に捨てられた友達。客観的に見たら、かわいそうだもの。


でも、私の中でその別れは、とてもほっとするものだった。

2年も前から関係は破綻していたが、お互いもはや「情」のようなもので繋がっていた。

私も彼にとって、彼も私にとって、「足かせ」のような存在になっていた。


だから、「彼女ができたからもう連絡してこないで」というメールを見た時に、

「これでやっと終われる」「やっと別れられる」

私はようやく新しいスタートラインに立てた気がしたのだった。


2。初めての沖縄


その直後、私はずっと行ってみたかった沖縄へ、友達と一緒に行くことになった。

別に傷心旅行とかじゃないけど。


沖縄の空気はとても自分に合うと思った。初めて行ったのにそんな気がしない。

私はきっとまた、ここに戻ってくるだろうと思った。


3。2回目の沖縄


2ヶ月後。私はまた沖縄の地にいた。今度の滞在期間は2週間だ。

私は仕事を辞めていた。


一週間、沖縄在住の幼馴染の家にお世話になり、

残り一週間はひとり、幼馴染がオススメしてくれた石垣島へ飛んだ。


そこで新潟から「沖縄行きたい!」と、母親も合流した。

意外とわたしのフットワークの軽さは、この母親から来ているのかもしれない。笑

 

今まで見たことのない、蒼い海に私は心から癒されていくことを感じた。

「私はここへ戻ってくる」


帰りの飛行機の中で、母親にそう言ったことを今でも鮮明に覚えている。


4。新しい命。


弟のお嫁ちゃんに新しい命が宿った。

私に初めての甥っ子ができる♡私はとっても嬉しかった。

が、実家における私の位置はどんどん微妙になっていった。


弟は所帯をきちんと持ち、安定した仕事につき、パパになろうとしている。

 

それなのに私は、30過ぎても派遣とバイト、そして派遣の契約期間満了とともにふらっと旅に出る。

そんな生活を続けていた。


世間的に見て、私は完全にアウトだった。

盆正月、親戚の家に行くのがこわい。

もちろんみんな私を心配してくれている、愛情からくるものということはわかっていたけど。それでも


親戚
彼氏はできた?
親戚
まだ結婚しないのか?


そんな質問がいつ来るのかびくびくしながら、

とはいえそれを顔に出さないように振舞うことは、かなりのストレスだった。


甥っ子が生まれたら、いよいよこの家に私の居場所はなくなる。

 

自分のどうにもできない「不甲斐なさ」を直視せざるを得ない現実を目の当たりにするのが、

急にこわくなった。


わたし
石垣島に引っ越します。


5。移住


そう決めて、周りに言ってしまったら、もう後には引けない。

すぐにネットで寮のある職場を探し、引っ越しの日程を決定し、黙々と準備を進めた。


超心配症の両親が一番のネックだったが、母親が石垣で合流してくれていたおかげで、あの島なら安心。

と意外とあっさり、1年の約束で島への移住を認めてくれた。


わたし
新潟市から一歩も出たくない!!


といい続けていた私が、沖縄本島どころか石垣島へ引っ越すと言いだしたことを、

両親はどう感じていたのだろう。その時の私に考える余地はなかった。



2月24日。

父親の誕生日翌日に、私は沖縄へ飛びました。



一週間ほど、再び那覇の幼馴染の家でゆっくりさせてもらい、

2月28日。石垣島へ引っ越し。

3月1日から私の新しい環境での、新しい生活が幕を開けた。


初めての一人暮らしのはじまりだ。

 

【友達をつくろう!編】



1。何はともあれまずは友達が欲しい。


以前石垣に来た時に泊まったゲストハウスに、数名の知り合いがいた。

島の初日はそのゲストハウスに泊まることにしていた。

21時過ぎにひととおり部屋を片付け終えて行くと、知っている顔がいて少し泣きそうになった。


そう。

著者のMami Yamazakiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。