冬に東京→山口をバイクで下道縛りで帰った話②

前話: 冬に東京→山口をバイクで下道縛りで帰った話①
次話: 冬に東京→山口をバイクで下道縛りで帰った話③

第2話 コインランドリーという保護施設

道の駅でガンバって!って言われたおにいちゃんと分かれた後、峠を越えて走る事だけを考えたのでした。あの時はグーグルマップとかなかったし携帯なんて電話とメールくらいしかできなかったから本当に孤独な旅でした。

峠をやっとこえたか!とおもったら道が分岐していてどっち行ったらええんや状態の迷子になっていました。とりあえず静岡向かってそっからかんがえよ!なんて思いながら適当に走っていたら青い看板に静岡の文字が!とりあえずそっち走ればいいか~なんて思いながら走っていたのですが道がまっすぐすぎて逆にフラフラしてしまいそうになるのです。やばい、退屈&事故る!!何とかせねば・・・


あの時はBzとか黒夢とかルナシーとか色々聞いていた曲がヘルメットの中で何十回もぐるぐると回っていたのを覚えています。

(バイクに乗りながら音楽聴くのは違法という事なので頭の中で再生していたってことでw)


浜松とかうなぎくいてーなーとかここどこだー?なんて考えながらBzやルナシーに助けられつつズンドコ走っていくとなぜか見える料金所

やべえまちがって高速の入り口きちまったか・・・。とりあえず下道への行き方教えてもらうか・・・。


料金所のおっちゃん「え、今までの道は有料道路ですが?」


下道縛り・・・完


いやいやいやいやいやだめでしょw電波少年が頭の中に浮かんできちゃったよwwwしかし高速道路とか有料道路回避全部回避する道選んできたはずなのになんではいっちゃってんのwww

まぁまちがえた俺が悪いんですがね。とりあえず完全下道縛りはあきらめてこれからは間違えないように行こう!と決意したのでした。


いつのまにか滋賀県の近くまで来てたみたいなんであーここ○○さん(会社の先輩)の出身地かーとかおもっていたら雪が・・・。やべえ・・・。やんでたのにまた降ってきやがった・・・。

峠のときとは違い本降りに!ぎゃあああああ!!!さむい!すべる!コンビニもねえ!しぬ!!!

後輪滑らしながら走っていくと明かりが!たすかった!!コンビニだ!!


ぇ?


そこはなぜかシャワー付のコインランドリーだったのです。

たぶん長距離トラックの兄ちゃんたちのたまり場なんでしょう。しかしその日は誰も居ませんでした。シャワーとか浴びるかなーなんて思っても一日で徳山まで帰るつもりでいたので下着どころか着替えなんて持ってきてませんでした。

意外とあったかかったのですがさすがに雪の降る峠道。上着が脱げる程の設備ではありません。服を着たままここで寝るしか無いなーとかお客さんがきたらごめんなさいするしかないなーとおもいつつ夢の中へ行って見たのでした。


続きのストーリーはこちら!

冬に東京→山口をバイクで下道縛りで帰った話③

著者の正岡 洋平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。