強豪チームで平凡選手がベンチ外からスタメンになった話

1 / 6 ページ

一流のアスリートの方々がどのようにして活躍したかという書籍は多く出ています。

その道でご飯を食べていく、プロを目指す方にとってバイブルとなりますが、それ以外の人にとっては『やっぱ一流は凄いな』と違う世界に感じてしまうのではないでしょうか?


至って普通なんだけど、ただただ学校の部活で試合に出たい!活躍したい!

普通の人はそう考えますよね?

朗報です!


平凡な私は大学で未経験のままラクロス部に入部。

大所帯の強豪チームにて、4年生でベンチ外から短期間でスタメンになり、チームに貢献することを経験しました。

体力と走力はチーム内では下の下。それにも関わらずスタメンで活躍することが出来たのです。


なぜそんなことができたのか?

実体験と共にお伝えします!

そもそも入部の理由はユニホームを着た先輩方がとても可愛く、

かつプレーがとてもキラキラしていてかっこ良かったからという単純なものでした。

スコート履いてグランド駆けて、クロス持ってキャンパス歩くなんて青春!!

と憧れて入部したわけです(笑)


しかし入部してからすぐに想像と違う現実に向き合わされることになるのです…。


関東学生ラクロスの女子チームは2004年当時全校で61校。1部リーグから4部リーグまであり、入学した大学は頂点である1部リーグから1度も落ちたことのない古豪と呼ばれる強いチームだったのです。

もちろん練習はキツイし先輩は厳しい。

試合に出場出来る選手は精鋭のみ。

仲良く皆で試合に出て楽しむ…という夢は消えて無くなりました。


練習は朝6時半から週4~5回で、家が遠かった私は朝4時半起きで通いました。チーム内の人数は1年生から4年生まで総勢60名程で、ラクロスの場合スタメンは12名、ベンチは8名までです。残りの40名は応援席で応援となります。


1つ上の学年は皆上手く、1人は日本代表、5人は22歳以下の日本代表に選ばれる程でしたので、他大学よりも試合に出るのが難しいのではないかと感じていました。しかも同学年では高校で陸上部やソフトボール部出身者も多数いて、私は帰宅部という厳しい状況でした。


自分
どんなに強豪チームでも早起きをして遠方から通い、辛い練習をして4年間試合に出られないなんて、そんなの絶対ヤダ!

そう、せっかく大事な4年間をラクロスに費やすのであれば、

しっかりと結果を出したいと思いますよね?

意地でも試合に出てやると入部当時心に決めました。

みんなの読んで良かった!