カナダの履歴書の書き方、働くことへの考え方を変えた2枚

1 / 3 ページ

私がワーキングホリデービザではじめに目指したのは、ニューファンドランド州(NL)St. John'sというカナダ大西洋側にある都市だった。もともと学校に通う予算は持っていなかったのですぐ働くか、無料で受けられる講座があれば受けたいと思っていた。


都会で仕事がありそうなトロントからスタートすることも考えたが、NLにいるカナダの友人が、自分が受けた無料の講座がとてもよくて、私にも受講のチャンスがあるかもしれないという。


それはWISE(Women Interested in Successful Employment) というNL州が予算をバックアップして女性の就職、再就職を促す3ヶ月の講座だった。後で知ることになるがカナダで雇用保険をもらっている人を対象としている講座だったが、そんなことは知らない私は現地に着いたその足で面接を受けに行った。


友人が同じ講座を受けていたこと、私の面接をしてくれたスタッフ2人が偶然にも日本に来たことがあり話が盛り上がったことがよかったのか、とにかくありがたいことに私はその講座に参加できることになった。


       

(講座会場の周辺。銀行、パン屋さん、KFC。ちょっと歩けば大きなモールがあった)


はじめの2ヶ月はCareer Planning Programでこれまでの人生を振り返り価値観の掘り起こしをする作業だった。参加者は15人ほどで20代〜60代と幅広く様々な人が参加していた。朝一人ずつ自分の話をする時間があり、日々の出来事や考え方を聞いているうちにお互い心開くようになった。自分では分からなかった特徴や長所、苦手とすることなどを率直に話した。ワークシートに想いを書き出したり、TEDのビデオを見たり、virtues words (訳が難しいけど英語圏で言う徳)を使ったトレーニングをした。




(教室の中の様子。この日は自分のDream Map 宝地図をつくるために素材を探しているところ)



メンバーとも慣れて来たところで次はJob Search Strategies Programが始まった。具体的に自分のキャリアをどうつくってゆくのか、情報の集め方、ネットワーキング、ボランティアなどのアプローチ、最終的には履歴書の書き方、面接の受け方を具体的に指導してもらった。



カナダの履歴書


中でも私が一番教えてもらって嬉しくて、それだけじゃなく心理的に自分の生き方とか働き方に対する考え方に影響を与えたのがカナダの履歴書(以下、レジュメ)だった。


(私が書き方を習ったレジュメの例)



例を見てもらえれば分かる通り、日本の履歴書と全く違う。

まず、写真がない

外見や人種で判断しない

性別は書かない

性別で採用を決めない

生年月日、年齢も書かない

仕事をするのに年齢は関係ない

見ているのはレジュメに書いてある実績と経験。その潔さがすごくいいなと思った。

考えてみれば私が日本で就職活動をしているとき、「就職に効くメイクで履歴書用写真」とか言って、たっかい値段を払って写真室でメイク+写真を撮ったりしていたのはあれは何だったのか。

就職活動以外では使わなかった真っ黒バッグと真っ黒パンプス、真っ黒スーツはなんだったのか。そもそもそんな恰好をする必要があったんだろうか。


もしいま就職活動が上手く行かなくて悩んでいる大学生がいたら、大声で言いたい。

ぜっんぜん気にしなくていいんだよ!!

みんなの読んで良かった!